2014年08月22日

第3回じゃこむすびの会☆句会報

20140417_180635.jpg
第3回じゃこむすびの会☆句会報
去る2014年8月21日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、
俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」の第3回目が、無事開催終了致しました。
今回は、関西から遥々参加してくれた大学時代の同期ケルト君も交え・・・
出席者9名+欠席投句者1名+壱六拾大将の、計55句が集まりました。
今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は、参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第3回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆☆☆

金賞(11点) 瀬戸内の海に癒され乗り過ごす 勝江
※上位得点句ではあったのですが、季語がなく正式には俳句と言い難い句が選ばれました。

銀賞( 10点)   甲子園球児たちの夢舞台 チャーの助
※上位得点句ではあったのですが、季語がなく正式には俳句と言い難い句が選ばれました。

銅賞( 9点)   無花果の熟れ時うかが鳥と母  ケルト
俳句初心者の方が多い句会ということもあって、今回無季語の句が上位得点句に…。
尾道という土地柄、季節柄もあって、皆さんに共感を呼ぶところを捉えてはいるのですが…
やはり、俳句的には、もったいない感じがしますね。
でも、今回のことがあって、早速「歳時記」をお買い求めくださる方もいらして、
主催者としましては、今後が楽しみなところ♪♪♪
そして、これを機に今一度、俳句における季語の働きを見つめる機会にもなりそうです。
7369_595007870616503_8459874837707100873_n.jpg なかなかの達筆!!
(※金賞句は、陶芸家の惠谷幸史さんがこの後焼きつけ、壱六拾にて飾られます。)

続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆☆

深恵 選 今まさに話題の・・・。
甲子園球児たちの夢舞台 チャーの助

スーザン 選 目に浮かぶ・・・。
 ひまわりも頭をたれる暑さかな チャーの助

チャーの助 選 鳥が先か人間が先か・・・。
 無花果の熟れ時うかがう鳥と母 ケルト

勝江 選 良い雰囲気が伝わってくる・・・。
 花火見て君の横顔笑顔咲く スーザン

 捉えどころがいい・・・。
 赤い海夏の長雨魚棲まぬ 壱六拾

ケルト 選 瀬戸内ならでは・・・。
 瀬戸内の海に癒され乗り過ごす 勝江

尾句良 選 景が浮かぶ・・・。
 生口島レモンの薫る坂かける ケルト

えや 選 自分も夜に仕事をすることが多いので実感がある・・・。
 台風の去りし月夜に雲疾る ケルト

依子 選 うだるような熱帯夜の猫、さらにが効いているなぁ・・・。
 熱帯夜寝ん猫さらに伸びにけり ケルト

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

せみとりのわらべの声に夏来たり 深恵
浴衣着て一人ぼっちのカキ氷 スーザン
盆休み孫孝行過ぎてゆく チャーの助
赤とんぼ蝉のなきがらあざ笑 勝江
秋グルメ我が食欲にストップを 
熱帯夜寝ん猫さらに伸びにけり ケルト
きゅうり見てあなたの事を思出す おくら
船秋めく山を背に感じ えや
夜は白朝はピンクの月見草 壱六拾
キッチンでぬるい麦酒を涙ごと 麦穂
蓮ひらき夢か現か夢うつつ 依子

じゃこむすび会の三本柱となりつつある、えやさん・おくらさん・壱六拾さん、
そして、出席は叶わずも俳句に真摯にトライしてくれている麦穂さん、
それぞれに、俳句の「季語」に向き合う姿勢が見えて来た感のある3回目でした♪
10387301_595008280616462_4336130877589743477_n.jpg

そして、壱六拾さんには、毎度ながら愛のあるお料理もご用意頂き・・・
本当にいつもいつも有難いばかりです。
ということで、今回もまた、皆さん心もお腹も大満足でお帰り頂けたことでしょう♪♪♪
                               10600526_485250911611070_7208236460691577425_n.jpg

第4回のじゃこむすびの会の開催は、2014年10月16日(木)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 23:05| Comment(2) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
初心者だからこその自由な俳句
楽しく読ませていただきました。

渡し船秋めく山を背に感じ

せみとりのわらべの声に夏来たり

熱帯夜寝ん猫さらに伸びにけり

蓮ひらき夢か現か夢うつつ

 などが特に好きでした。

 依子さんの句では下5の夢うつつが
ちょっと言い過ぎていて言葉遊びに
感じられてしまうのがもったいないかなあって
思いました。私の感じたままなので
聞き流してください。

 これからがますますたのしみですね。
Posted by momo at 2014年08月23日 10:23
●momoさん
いつも温かい見守りありがとうございます♪
今回は、初心者句会ならでは感な結果でしたが、
逆にこれを機に、次回の皆さんのレベルが更にUPしそうな予感?(笑)
そして、私自身、後で確認してみたところ…
アルコールが入っていながらも、自分の選句用紙には無季語の句が全く入っておらず…
無意識ながら、これも長年の積み重ねか…と、少々驚きました。
それから、momoさんが私の句のご指摘くださる部分は、最後に私がえ〜いと間に合わせにしたところを、いつも見抜かれ…
それにも、さすがだなぁ〜と驚いております。
こういう句会は、俳句で「遊ぶ」と「お遊び」の境界が時に難しいですが…
私自身にとっては、今の時期、今一度俳句というものを見直す良い機会になっていますし、
今後もボチボチでも楽しんでいけたらいいなぁと思っているのですが…
さて、第4回も無事メンバーが集まるでしょうか??
本当に俳句だけは、ただただ実作を続けることからしか、
何も始まりも語りもできませんもんね。
そろそろ、私も先生方のおられる句会に出たいところです♪
Posted by Senju at 2014年08月24日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]