2015年12月15日

第9回じゃこむすび会☆句会報

20140619_193405.jpg
第9回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が遅くなり失礼しました。。。
2
015年10月15日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、

俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」第9回目が、無事開催終了致しました。
今回は、こじんまり・・・計25句による句会とあいなりました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第9回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(9点) 太刀魚に柚子の一滴香り立つ 亀仙人
12088275_811770322273589_4519623465712527257_n.jpg

銀賞(7点)     道すがらすだちもぎとり鍋に舞う えや
              舞う→舞ふ
銀賞(7点)     コスモス畑父の背中小さく見ゆ まつ
           父→親父

銀賞(7点)     回遊魚みたいな男秋うらら 依子


今回は、亀仙人さんがめきめきと俳句のコツを掴んで?の金賞でした(笑)
続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆

亀仙人 選 
隣家から香り漂う金木犀  まつ
漂う→漂ふ

えや 選 
虫の音も満月の夜らしくなり 依子

まつ 選 
秋の蚊の鈍い動きに身を重ね えや

依子 選 
太刀魚に柚子の一滴香り立つ 亀仙人

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

坂道に灯かりのともる秋の宵 亀仙人

赤とんぼ空とほほまで同じ色 えや
ほほ→頬

ベッチャー祭鬼の正体同級生 まつ

嫁ぐ朝父の胸元飾る秋 壱六拾
秋→具体的に「薔薇」とか言った方がいいような・・・。

木犀の香を招き入れカフェの朝 依子

そして、いつも今回も・・・
愛いっぱいに仲間をもてなして下さる壱六拾さん♪
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思います。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪(掲載画像より)

もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
                         
第10回のじゃこむすびの会の開催は。。。
お店の都合で変則的に水曜になり
2015年12月16日(水)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 12:03| ◆気ままに十七音