2016年03月17日

第10回じゃこむすびの会☆報

20140619_193405.jpg
第10回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が大変大変遅くなり失礼致しました。。。
第10回は、壱六拾さんのご都合で特別に水曜日の2
015年12月16日(水)、

俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
この日は、4人だけのこじんまりとした句会ではありましたが、
本当に俳句の良さをわかってくださる方にお集まり頂き・・・の嬉しい感な句会でありました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第10回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(10点) まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら えや
12744226_973721306042533_641331309090509337_n.jpg←いつも会のお皿を焼いて下さっている陶芸家の惠谷さん♪
今回は、可愛らしいお子さんを詠まれての初の金賞でした☆☆☆☆☆

銀賞(7点)     疲れとるホッと一息柚子の風呂 典生
              
銅賞(6点)     例年の如く木枯吹く財布 えや

続きましては、互選の一番句の発表です☆☆☆

亀仙人 選 
まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら  えや

えや 選 
極月の女口数減りにけり 依子

典生 選 
例年の如く木枯吹く財布 えや

依子 選 
まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら えや

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

酉の市白い短冊揺れる縄 亀仙人

マフラーに隠れた顔の火照る君 えや

飛んでくる冬鳥空に白い胸 典生

冬ぬくし窓のサンタも涙顔 依子

そして、年末でお忙しい中・・・
愛いっぱいに仲間をもてなして下さった壱六拾さん♪
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪

20150820_184557.jpg


もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
                         
第11回のじゃこむすびの会の開催は。。。
主催者の都合により1回飛びましての…
2016年4月21日(木)の開催です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 22:11| Comment(2) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
だんだんとじゃこむすびの会の
方達が顔見知りになり、
俳句にも慣れてきた感じがします。

まんまるの蕪のやうに肥える子ら   えや

句のリズムも良いし
子らのなんとも可愛いこと。
蕪がいいですよね。

依子さんの
極月の女口数減りにけり
自画像でしょうか。
客観的にご自分を詠んでるところ
さすがです。

勝手なコメントお許しください。    
Posted by momo at 2016年03月21日 13:34
◎momoさん
有難うございます♪
えやさんの句・・・
都会のお父さんにはなかなか詠めない句ですし、
ほんまに微笑ましい一句ですよね♪
そして、私の句・・・
決して自画像とは本人的には意図しておりません(笑)
なんかせわしなくなる時期の女性はなかなか恐いものがあるな・・と(笑)
じゃこむすびの会、是非momoさんにも今年は一度来て頂きたいなー♪
色々休みがちになってしまっている俳句ですが、
細々とでも継続していきたいと思っています。。。
Posted by 依子 at 2016年03月23日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]