2016年12月17日

第15回じゃこむすびの会★句会報

20161215_200456.jpg 20161215_200503.jpg 20161215_203423.jpg 20161215_203416.jpg

第15回じゃこむすびの会★句会報

2016年12月16日(木)、今年最後でもある・・・わけあり豪華バージョンの(笑)
第15回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、初参加の女性が2名、並びに飛び入りで俳句経験者の男性が1名、
合わせ3名もの新しい方が加わってくださったお陰様で、大変に場が華やかなものとなりました♪

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第15回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(15点) 海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
会を継続すること・・・ようやくの堂々金賞にお選び頂き、感謝。
              
銀賞(9点)     極月や輝く月に君想う 慶 亜依
※添削例)君想う→君想ふ

銅賞(8点)    酔い覚ますラスト珈琲年の暮れ 慶 亜依
※添削例)酔い→酔ひ
「年の暮れ」まだまだやることもいっぱい。だから最後はコーヒーに。季語が効いた一句。

慶 亜依さんは、初参加とは思えない・・・堂々ダブル受賞でした!!

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
寒月があることによって、海原と空にそれしかない!
寒い時に、空も澄んで海も澄んで雲ひとつない!という感じが強調される。まさに昨夜の感じ。

亀 仙人 選 
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
昨日のスーパームーンを思い出した。寒い夜に冷たく涼しく見えるが、何かを暗示している景なのか。
作者の心はいかに・・・。

慶 亜依 選
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
景色がズバリと思い浮かぶ。スカッとした感じのところが気に入りました。

桜子 選
極月や輝く月に君想う 慶 亜依
昨夜の(スーパームーンを観ていた)自分とリンクしました。

亭々 選 
手袋の憶えてをりし別れかな  巫 依子
ちょっと切ないところがいいということで選ばさせて頂きました。
捨てずに持っていたのか、思い出す為にとっていたのか・・・。
今は亡き俳人 鈴木シヅ子の句
横浜にひとと別れし濃霧かな
を、思い出しました。

巫 依子 選
嚔してフランシスベーコン貌の外 亭々
哲学者フランシスベーコン似の気取った男も、くしゃみという生理現象においては、
恰好もつけていられない・・・おかしみのある句。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

ジャケットの袖持ち待つは終電車 えや 
※添削例)ジャケット→外套(がいとう)
句にドラマがあると好評。

額縁に冬の景色をとじこめる 亀 仙人
※添削例)とじこめる→とぢこめし
「とぢこめ」という表現が冬の閉塞感を表現。

枯れ木さえ呼び覚ますかな胸の音 慶 亜依
※添削例)胸の音呼び覚ますかな枯れ木さえ
語順を入れ替えるだけで、ドラマチックになりませんか?

帰り道見上げた空にオリオン座 桜子
※添削例)見上げた→見上げし
日常の中の詩的な瞬間を切り取られていて素敵。

極月や句集に挟む請求書 亭々
極月(ごくげつ)=12月 らしさを個性的に表現。

めがね掛け補聴器つけてマスクして たけ
マスクしてまでの一連の流れを、オリジナル武装のようにユーモラスに表現。

湯どうふや考へることあほらしき 巫 依子

もちろんここに挙げた句以外にも、今回も素敵な句がたくさんありました★★★
俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、
最近は・・・
【盃に釘彫り】していっております★★★
13938393_988282117955741_8277945306170277103_n.jpg
もちろん、ご自分の盃でお酒を頂くことも可能ですし♪
優勝句でなくとも、記念に自作の句を釘彫りすることも可能♪♪♪私もちゃっかり(笑)
20161215_232315.jpg ←仕上がり見本まで

そ・し・て・・・
今回は、亀仙人さんほか皆さんのサプライズな粋なはからいにより・・・
私のお誕生日会までして頂き、ほんまになんとお礼を申し上げてよいものやら。。。
20161215_212946.jpg 20161215_200519.jpg
この場を借りて、あらためてお礼申し上げます!!!
(※素敵なプレゼントの数々ありがとうございました。今後はこのようなお気遣い無きよう^^;)

私が、尾道という町に惚れ、ついに移住までして来てしまったのはかれこれ9年前。
句会や吟行の一緒にできる仲間ができたらいいなー♪とずっと思い続けていました。
でも、自分自身の無精もあって・・いつもなかなか継続叶わず・・・。
この「じゃこむすびの会」が、細々とながらも・・・15回まで継続して来られたのも、
会場を提供してくださっている壱六拾さん
儲けにもならないのにずっと協力くださっている陶芸家の惠谷さん
ほか、句を寄せて頂く皆様お陰様です!!!

俳句(句会)は、遊びだけど、お遊びにはしたくない!!

今回、金賞に選んで頂けたことは、密かに最高のプレゼントでありました(笑)

まだまだ力不足の私ですが、どうか来年も宜しくお願い致します。。。

次なる第16回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2017年2月16日(木)です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)

posted by Senju at 00:18| Comment(0) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]