2017年05月10日

第17回じゃこむすび★句会報

20170420_191717.jpg
第17回じゃこむすびの会★句会報

2017年4月20日(木)、
第17回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、いつもヤイヤイ言ってくださる亀仙人さんが欠席で寂しくも(笑)、
女性参加の方が主催者以外に3名もおられ、大変に華やか句会となりました♪

また、この度は私が尾道へ移住して10年目にもあたり・・・
こうして句会をご一緒できる仲間にも恵まれて来たことが本当に嬉しく、
只今TVのプレバトで人気沸騰中の俳人夏井いつき先生を真似て?
私も初の着物姿(画像)で参加を果たしました♪

句の方もお陰様で欠席投句含め様々な40句が集まりました。

ちなみに今回の兼題は【エイプリルフール】(5句中1句はこの題で出句原則)
さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第16回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

2017-04-21 08.49.14.jpg
金賞(13点) この世などエイプリルフールなのかもね 優味
2度目の参加にして堂々の金賞!おめでとうございます♪
             
銀賞(9点)    鉄橋の出会い別るる春夕焼  睡々
※出会い→出会ひ
鉄橋「に」じゃないのか…等、色々物議をかもし出しながらも…鉄橋そのものを詠まれたそうな。

※銅賞は、同点(6点)句がたくさんありましたので今回は略させて頂きます。
続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

亭々 選 
春宵の狂ひ鳴きたるサキソフォン 巫 依子
春は木の芽時で人間も狂い出す。サキソフォンに本音の部分がうわっと出たのかな。

えや 選 
鉄橋の出会い別るる春夕焼 睡々
絵が綺麗だな。。。

猫猫 選
四月馬鹿ささいな嘘に踊らされ 桜子
今話題になっているエイプリールフール用の動画に騙された感が出ている。

桜子 選
滑走の車輪収まり花景色 睡々
自転車の車輪が止まるぐらいのしまなみの花景色…。

睡々 選 
薄氷の空に漣ある如く  亭々
自分自身も見たばかり…だったので。

優味 選 
傘浮かせ譲るも嬉し花の雨  睡々
桜だったり…色んな花を見に行って優しい気持ちになった。その伝染。

巫 依子 選 
この世などエイプリルフールなのかもね  優味
なかなかに深いところを軽く言い切ったところがいい。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

冷や汗のツィート多く四月馬鹿 亀 仙人
現代的なところを捉えておられますね。

紺青の人と訪ねし桜かな 亭々
「紺青の人」とは…スーツの人か…色々想像が膨らみましたね。

ダシのない汁と目刺しの朝ごはん えや
いつもリアリティ(生活感)を大切にされて…の句作がいいですね。

笑顔咲く会話も弾むお花見で 猫猫
※添削例)笑顔咲き会話も弾む花見かな
「で」は、できるだけ避けてみて下さい。

ひらひらと夜桜のもと盃に 桜子
※添削例)ひらひらと盃に夜桜のもと
敢えてリズムを乱してみるのも、経過があらわれいいかもしれません。

旅人に目を閉じ探す春ひとつ 睡々
※添削例)旅人の瞑(めつむ)り探すひとつ春

自転車で島から島へ若布来る  優味
※添削例)若布届く島から島を自転車で

海 桜 坂 猫 春のカルテット  依子

もちろんここに挙げた句以外にも、今回も素敵な句がたくさんありました★★★
俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、
最近は・・・
20170420_203437.jpg (前回金賞受賞の桜子さんも)
【盃に釘彫り】していっております★★★

もちろん、選ばれなくてもご自分の句を記念に・・・も可能です♪

そして、いつもいつも愛いっぱいのお料理で会場提供くださる・・・
壱六拾さんにも心からの感謝を★★★

まだまだ色々と力不足の私ですが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。。。

次なる第18回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2017年6月15日(木)
兼題は「ソーダ水」
です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   
posted by Senju at 09:59| Comment(2) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
こんばんは。しばし、じゃこむすび句会報読ませていただきながら、参加した気分になっています。
 
薄氷の空に漣ある如く 亭々
 薄氷の表面はつるつるでなく細かい模様が
 あるのですね。空としたところが美しいと
 思いました。

傘浮かせ譲るも嬉し花の雨  睡々
 それこそいつき先生得意の映像が
 はっきりしていて気持ちも出ていて
 いいですね。

自転車で島から島へ若布来る 優味
 若布が走ってくるわけではないけど
 それだけとれたての若布を届ける
 勢いがあらわれていて、尾道ならではと
 思いました。

春宵の狂ひ鳴きたるサキソフォン 巫 依子
 鳴きたるとはなかなかおもしろいと
 思います。春宵だからこそでしょうか。

句会後のお話しがたのしそうですね。
句の話して、美味しいもの食べて、
最高のお仲間、うらやましいです。
Posted by momo at 2017年05月10日 21:25
◎momoさん
丁寧な鑑賞ありがとうございます。
早速FaceBookの方へも転送し、皆さんにシェアさせて頂きました。
回を重ねるごと、皆さんが少しづつ俳句的感じを掴んで来ておられる感が感じられると思いませんか?
私がもっと先生方の指導を受けられるよう頑張らないと思うのですが…
なかなかに勉強不足なところ…
momoさんにもこうしてフォローして頂けること、
ほんまにほんまに有難いばかりです♪
いつか吟行俳句会か何かまた尾道でご一緒できたら更に嬉しいのですが♪♪♪
Posted by 依子 at 2017年05月12日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]