2017年10月05日

七夕に浴衣でビアホール★報

19893904_329076940850407_707308437_o (1).jpg 19702096_1794919854153824_1425959913424307689_n.jpg 19732026_1794919987487144_2319341397421586755_n.jpg
シトラス尾道俳句吟行会「七夕に浴衣でビアホール」無事終了

大変に遅ればせの吟行句会結果報になり、お赦しください。。。
去る2017年7月7日(金)、シトラス尾道俳句吟行会「七夕に浴衣でビアホール」無事開催修了致しました。

この度は、参加者のおひとりでもある尾道お散歩きもの乙女屋さんの桜さんのところで、
浴衣を着付けて頂いての吟行俳句会ということで、参加者の皆さんもワクワクでした♪
20170707_180506.jpg 20170707_181835.jpg 20049034_329076927517075_1194481632_o.jpg
ただ天候がパッとせず…ビアガーデンの予定がビアホールになってしまったのは、
ちょっぴり残念でしたが…。

また、今回は皆さんに初めて!!【袋回し】というのにチャレンジして頂きました。
袋回しというのは、あらかじめお題が書かれた袋が廻って来、その場で即興にて俳句を詠むというシステムです。
今回は、初心者対象ということで、お題にはいくつかの関連季題を選び、
計4袋が2周程廻りました。

それでは、まずは各袋の上位3句よりご紹介致します♪

◆第1の袋(ビアホール、夏料理、枝豆、焼酎、梅酒)

ビアホール隣しずかに烏龍茶 亭々

生ビールフォークにささるままの肉 亭々

枝豆やつまらぬものに他人の恋 依子

◆第2の袋(浴衣、初浴衣、藍浴衣、染浴衣、浴衣地)

射抜かれし見慣れぬうなじ初浴衣 桜子

微笑みも色気に替える藍浴衣 優味

選ぶより選んでもらう初浴衣 優味

◆第3の袋(梅雨の月、月涼し、夏の月、夕涼、夜涼、晩涼、涼し)

梅雨の月互ひに消せぬ過去懐き 依子

私より思わせぶりな梅雨の月 優味

晩涼や波音交じる下駄の音 亭々

◆第4の袋(七夕、星祭、星合、星の恋、七夕竹、星逢ふ夜、星迎え)

星逢う夜眠れぬ時を君思ふ 桜子

星合の夜に会へるひと逢へぬひと 依子

七夕の遠く離れて波の音 

続きまして、参加者の互選の句をご紹介致します♪♪

亭々選
射抜かれし見慣れぬうなじ初浴衣 桜子
DOQN感が良かった。

桜子選
私より思わせぶりな梅雨の月 優味
降ったり止んだりのこの日を思い出します。綺麗な月が見えたと、カメラを取り出すと雲に隠れたり(笑)

優味選
藍浴衣山際消えて闇となる 亭々
色気はもちろんなんとなくミステリアスで気になる句。

猫猫選
微笑みも色気に替える藍浴衣 優味
普段から見ている微笑みも藍浴衣を着てる姿には、普段見ない姿にドキッとする瞬間があると。

依子選
選ぶより選んでもらう初浴衣 優味
初めて着る浴衣ならではの恥じらいとときめきが感じられ。

参加者の一句より
きれいだねこころ何処へ藍浴衣 猫猫

どの方の句も、やはり吟行ならではの生き生きとした感じがあります★★★
参加者の皆さん、初の袋回し体験楽しんで頂けましたでしょうか?(笑)
こちらは、初心者大歓迎の会ですので、これからも・・・
大人の遠足気分で気軽にご参加頂けたら嬉しいです♪
                           

次回は、もうまもなく10月7日(土)瀬戸田の観月会です。
※夜の吟行の場合は、基本的に翌日に句を提出して頂きます。
【じゃこむすびの会】(偶数月の第3木曜夜)も引き続きどうぞ宜しくです★☆★
posted by Senju at 15:53| Comment(0) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]