2018年02月15日

第22回じゃこむすび会★報

27972708_1561008264016454_4448650492259894924_n.jpg
第22回じゃこむすびの会★句会報

遅ればせの句会報で失礼します。。。2018年2月15日(木)、
第22回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了。
2018年最初のじゃこむすび会は、風邪やお仕事で欠席も多い中ではありましたが、
チーズフォンデュを楽しみながらの和やかな句会となりました。

今回参加5名、欠席投句3名、計40句の句会。
ちなみに今回の兼題は【春めく】(5句中1句はこの題で出句原則)
さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第21回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します★

金賞(10点) 春めきしデパート二階の八頭身 桜子
       ※添削例)春めきし→春めきぬ

銀賞(6点) 草もちを口いっぱいに吾子の頬 えや
銀賞(6点) 受験生色んな神が集合し 桜子
銀賞(6点) 美容室あとに春めく街騒へ 依子

今回の金賞は、実際にデパートでお勤めをされていたこともある桜子さんの一句でした。
28055905_1561137940670153_6408921034990123696_n.jpg <直筆短冊より>

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です★★

朴生 選 
鎮魂を調べに託す春の潮 古乃子
春の潮だから、3月11日の東北大震災への鎮魂かな。
※添削例)春潮の調べに鎮魂を託し 語順を変えることで余韻を…。

古乃子 選 
島ぬちに月蝕を待つ影も冴ゆ 依子
会社から帰る頃は見れた月、皆既月食はもう見えなかった。
なので、月蝕を待つその月影(月光)も冴えているとみる。

また、月蝕を待っている人の影も冴えているとみる人も。

えや 選
春めきしデパート二階の八頭身 桜子
デパートに行くのは大人じゃん。二階は婦人服階、あぁ大人なんだなぁと。ピンクな感じ。

桜子 選
愛憎の果ての親密牡丹鍋 依子
このタイトルの映画があったら絶対観たい。何があったのか気になって。

また、昼メロ的な…養殖された肉じゃないからこその生々しさがあるという声も。

依子 選
春めきしデパート二階の八頭身 桜子
デパート二階と言えば婦人服階。そのマネキンの春の装いにいち早く春のときめきを感じる女心。

それでは、参加者の本日の一句をご紹介します★★

静かなる寝息聞こゆる春の宵 朴生

絵付けする筆のたわみや春の星 古乃子
※添削例)春の星絵付けの筆の撓みをり  

そおっとそおっとあつかう受験生 えや

なりたきは椿の花の潔さ 桜子

湯たんぽやカンブリア紀はとこしなえ 亭々

発心の達磨求めて春は来ぬ 一草

幕間に抜ける自由や春の夜 睡睡

渡船待つ顏のほころび春めきぬ 依子

〜以上〜
今回は、ん?これは〇〇さんの句かな…と思ってみるも裏切られ…
な、なりすまし句が実に多く(笑)皆さん最後の名乗りまで楽しんでおられました。

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

じゃこむすびの会の開催は。。。偶数月の第3木曜日19時です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪
会場等詳細は参加者におって連絡させて頂きます。

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   

posted by Senju at 00:00| ◆気ままに十七音