2018年04月08日

佐木島吟行編☆報

20180408_100806.jpg20180408_151007.jpg20180408_132754.jpg
芸予瀬戸内シトラス俳句吟行会☆佐木島吟行編

遅ればせの吟行句会報になり、お赦しください。。。
去る2018年4月8日(日)、昨年ご縁を頂いてよりの念願でもあった・・・
俳人一草さん在住の佐木島での吟行が、無事開催終了致しました。
「千本桜」などもあると伺い、絶好のタイミングを見計らったつもりが、
今年は例年よりも桜の開花が早く・・・
当日はあいにく満開期こそ逃すものの、好天にも恵まれ、
長閑な島の春を堪能させて頂くことになりました。

また、一草さんのお陰様で、普通なら見逃してしまいそうなスポット
20180408_104035.jpg 大楠三兄弟や

20180408_114434.jpg そこそこきつい登山を経ての三十三観世音や
こちらでは、島民の方々とお花見宴会までさせて頂きました♪

30443494_190592235001447_3189365816915132416_n.jpg30571853_190595041667833_3453196986369441792_n.jpg30708225_730845237110179_3095317525821938632_n (1).jpg 新名所道祖神の丘や

30412559_190591648334839_459508612444717056_n.jpg 磨崖和霊石地蔵や
もうか〜なり欲張り盛りだくさんコースにご案内頂きました♪♪♪♪♪

そして、句会場には、一草さんのお仕事場でもある「花草庵」をお借りし、
なんとも有意義な1日を過ごさせて頂きました。

この場を借りて、一草さんにはあらためて感謝を☆☆☆
また、今回は珍しいお仲間も遠方より急遽かけつけてくださりました。
ゆげるさん・まつちゃんにもあらためて感謝を☆☆

それでは、まずは参加者のそれぞれが選んだ5句より抜粋の一句をご紹介★

ゆげる 選
海からの風に菜の花燥ぎをり 依子
ビジュアルに見えている。

亭々 選
寄進碑に故郷の名をみる遍路みち ゆげる
※添削例)寄進碑に故郷の名や遍路みち
吟行ならではの句。時の経過の感じられる。

朴生 選
若葉を見沈んだ心に喝入れる まつ
※添削例)楠若葉沈んだ心に喝を入れ
なんとなしに好き。

一草 選
まだ茶飲み友にはなれぬ躑躅かな 朴生
ストンとは落ちない。季語と茶飲み友にはなれないの関係性。

なまめかしい感じ。

※作者言)躑躅の花言葉が「節度」から。


まつ 選
佐木島に小鷺大鷺麗なり 依子

今日見たまま。


依子 選
のどけしやどの島よりか鐘ひとつ 亭々
どの島よりか…というところが、まさに今日のこの瀬戸内しまなみの
小さい島が隣接しあっている風情を現している。

そして、次に参加者の本日の一句をご紹介★★

廃校にふらここのおと櫻ちる ゆげる
※おと→をと。でも漢字表記の音の方が良い気も…。

灯台のやうな船あり春の雲 亭々

初桜丘に集ひし道祖神 朴生
※添削例)道祖神丘に集ひて初桜

花筵佐保姫と座す道祖神 一草
※添削例)道祖神佐保姫と座す花筵

久々の山歩き若葉キラキラ 
まつ
※添削例)若葉キラキラ久々の山歩き

島人のひとり港に春寒し 依子

〜以上〜
こちらは、初心者大歓迎の会ですので、これからも・・・
皆様大人の遠足気分で気軽にご参加頂けたら嬉しいです♪

と、ここでお知らせがあります!!!!!

2018年6月1日〜30日迄
三原のギャラリーカフェ『赤とんぼ』さんにて
芸予瀬戸内シトラス俳句吟行会の俳句展「シトラスの風」展が、
「みはらアーカイブス」さんのご支援で開催されます♪♪♪

是非、皆様気軽に足をお運び頂けたらと思います♪♪♪

定例句会【じゃこむすびの会】も引き続きどうぞ宜しくです★☆★
posted by Senju at 00:00| ◆気ままに十七音