2018年04月19日

第23回じゃこむすび俳句会☆報

20180419_191901.jpg
第23回じゃこむすびの会★句会報

去る2018年4月19日(木)、
第23回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了。

今回は、主催者である依子が別お稽古の発表会前ということで、
皆さんに惣菜1品の持ち寄りをお願いしてのじゃこむすび会となりました。
陶芸家のえやさん手作りのハーブチキンに、
初参加の粥粥さんお手製の茄子の煮浸しに、
三原より参加の朴生さん持ち寄りの噂の神明鶏に、
関西から久しぶりの参加のケルト氏持ち寄りの551に、
参加していない亭々さんの奥様よりのお手製チーズケーキに…etcetc
いつにもまして食材盛りだくさんの夜となりましたこと、
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。。。

また、今回佐木島の一草さんより、食材の自家製夏蜜柑とは
別に特別に!!!
2018-04-20 04.28.45.jpg
受賞者と会場に宛てて、一草さんの育てておられるお花の花束までご用意頂き、
有難いばかりな会となりました。

皆さまそれぞれに色々なお心遣い、本当にありがとうございました。
今回参加9名、欠席投句1名、計50句の句会。
ちなみに今回の兼題は【ゴールデンウィーク・黄金週間】(5句中1句はこの題で出句原則)
さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第23回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します★

金賞(14点) 葉脈に官能ありて桜餅 睡睡
      添削例)葉脈に官能ありぬ桜餅
             葉脈に官能のあり桜餅
           
金賞(14点) 空としゃぼん玉そんな日も必要 えや
      ※添削例)空としゃぼん玉そんな日もええじゃん

銀賞(12点) 薫風に先ずは直球投げてみた 朴生
      
※添削例)薫風に先づは直球投げてみし
※銅賞は省略させて頂きます。

今回は金賞句がダブル受賞でありました。
睡睡さん、えやさん、おめでとうございます♪♪
また受賞句に失礼ではありますが、添削例…参考になさってみて下さい。

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です★★

亭々 選 
花水木いつかすべては明るみに 依子
この句を見た時にドキッとした。(当時向島潜伏中の…)犯罪者の匂いがした。
水木の花が生きている。

朴生 選 
花水木いつかすべては明るみに 依子
夕闇にやまぼうしの仲間でもある花水木が照らしくれている。
政治の世界とかも誰が犯人かと…。怖い句。

一草 選 
空としゃぼん玉そんな日も必要 えや
日頃仕事やら何やらに追われているような感じで、こういうリフレッシュやリセットが必要でもある。
自分に欠けているところだなぁと。

古乃子 選 
黄金週間島の喫水上がりたる 一草
ゴールデンウィーク期間、島人の人口に変動があるところをうまく詠んでいる。

えや 選 
美容熱帽子被りてよもぎ摘む 桜子
よもぎというのがいい。匂いもするし食べれる。
なかなか抜けない…髪を切りたいけど、帽子で髪をごまかしながらよもぎ摘む。

その時、女性陣より
よもぎは化粧水等の美肌に使うもの。帽子を被って日よけ対策をしながらも、
その美容熱は熱いと…の鑑賞が。

睡睡 選 
空としゃぼん玉そんな日も必要 えや
そんな日もの「も」がきいている。普段はそうじゃない人なんだろうな。
そんな余裕もない日々。四月は軽やかな季節である反面、人によっては、
大切な時期を過ごしている。

粥々 選 
葉脈に官能ありて桜餅 粥々
葉脈の曲線と、桜餅の色や質感のモチッとした感じがそのまま官能に繋がるなぁと、
想像が繋がった。視覚嗅覚味覚食感…多角的。

ケルト 選 
薫風に先ずは直球投げてみた 朴生
薫風にがさわやか。まずは自分の色々やってきたことをかなぐり捨てて、
ストレートに自分を出してみた。色的にもグリーンがダイレクトに!
先ずは直球がいい!!

依子 選 
蝶墜ちて進化の夢の潰へたり 亭々
昔からこの世のはかなさ夢幻の象徴とされてきた蝶。
その蝶が墜ちたことで、進化の夢ももう…と飛躍しているところが、ユニーク。

それでは、参加者の本日の一句をご紹介します★★

疲労にも重力のあり花の旅 亭々 
※添削例)花疲れにも重力のありにけり

ささゆりや湖畔の宿の敷石に 朴生

花蕊に逆縁の娘を祈る母 一草
※添削例)花は葉に逆縁の娘を祈る母

検問め浅葱の畝いつまでも 古乃子
当時話題の向島の生活者としてのリアリティ。
古乃子さんにしてはチャレンジ句でしたね。

剪定に光見つけて青を見る えや
思いきった切り取り。

通勤に慣れあちらにも山つつじ 睡睡
日常の中からの気負いない自然な切り取り。

乳液のゼラニウムかぐ春の午後 粥々
※添削例)乳液にゼラニウムの香春の午後
女性らしい気づき。

ぽこぽことすかんぽ手折りうさばらし 桜子
だんだん句の思いきりがよくなってきましたね。

舞ふ蝶を追ふ人時に追はれたり ケルト 

残雪にまだ覚めやらぬ夢のあり 依子

〜以上〜
今回は、尾道市は向島に逃亡犯潜伏期間中の句会ということもあって、
皆さんそれを匂わせるような句もチラホラありましたね。

しかして犯人無事捕まって何よりです。

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

して、ここでお知らせがあります。

2018年6月14日〜30日迄
尾道は駅前画廊喫茶「孔雀荘」にて、
私たち「じゃこむすび俳句会」の初の句展が開催されます。
歴代の受賞句等の展示もございます。

皆様是非、お気軽にいらして下さい!!

じゃこむすびの会の開催は。。。偶数月の第3木曜日19時です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪
会場等詳細は参加者におって連絡させて頂きます。

ちなみに次回開催は2018年6月21日(木)
兼題は「ハンカチ」です。

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   

posted by Senju at 00:00| ◆気ままに十七音