2018年10月05日

第25回じゃこむすび句会★報

39925357_2083073111958236_123648741197479936_n.jpg39861830_670453186687005_8662999476127924224_n (1).jpg35896233_480631815694918_5086635034006257664_n.jpg
第25回じゃこむすびの会★句会報

去る2018年8月23日(木)、
第25回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」
尾道の居酒屋なお吉さんにて、無事開催終了致しました。

この度は、6月の句展の際の山陽日日新聞掲載記事をご覧頂いた方よりの初参加に、
台風直撃と重なり、山陽本線もストップするなど色々ありましたが、
みんなの送迎をして下さる参加者さん等のご協力のもと、
なんとか無事に今回も楽しく盛会となりましたこと、
この場を借りて改めて感謝致します。。。

それでは、参加10名、欠席投句1名、計55句の句会。
ちなみに今回の兼題は【盆】(5句中1句はこの題で出句原則)
さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第25回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します★
39925394_297311217720839_3368162105696976896_n.jpg
金賞(19点) 仮縫ひのやうな関係夕端居 依子
(※)この句はその後、師より「仮縫ひのやうな二人か夕端居」に添削頂きました。参考まで。

39965381_666532280384519_6522498654677237760_n.jpg       
銀賞(12点) 目隠しの夜の一族瓜の馬 一雄

銀賞(12点) あれは俺かな流燈のはぐれをり 依子     
※よって銅賞は省略させて頂きます。

今回は、久しぶりに主催者が金賞を頂きました♪有難うございます。
また銀賞は、初参加にして多くの互選の話題に上った一雄さん、おめでとうございます。

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です★★

亭々 選 
仮縫ひのやうな関係夕端居 依子
せつないな…という感じ。仮縫ひと夕端居がマッチ。
(↑)このあと本縫いになるのか別れるのか、ぼんやりとしたところ。by古乃子
(↑)ある意味あざとい句。とらざるをえない。by一雄

一雄 選 
捨てたれば生るものもあり青畳 亭々
ある意味捨てられた青畳。青畳は新しいから捨てられるはずはない。捨てられた青畳が生きている。
捨てられたのに生きている不気味さ。寺山修二の映画の「雛壇が川の上流から流れて来る」シーンにも通じる生命力を感じる。
(↑)逆にとり合わせの句。捨てられたものをネタに何かが育つ。by古乃子
(↑)自分の体験では、水害で青畳なんだけど捨てなければならないと解釈。by転児

朴生 選 
夏服の奇妙な乳房と語り合ふ 一雄
この女性は乳癌かで手術をしていて、夏服の時だから奇妙さが気になっているのか。
(↑)西東三鬼の「恐るべき君等の乳房夏来る」の本歌とり?by依子

古乃子 選 
八月の螺旋階段は沈むかな 一雄
単に一番最初に好きだなと思った。八月が効いている。他の月では沈まない。暑くて盆もあるし、昼間が明るいぶん夜もある。
(↑)螺旋階段が沈むのは面白い。by亭々
(↑)中8字余りで重いから沈むんじゃない(笑)by依子

えや 選 
白い歯を喪服の間に見る送り盆 転児
死んだ人だろうね。遺影の歯が白い。友達がいっぱいおったのかな。白い歯と喪服の対比。
(↑)白い歯が遺影とは気づかなかった。中7の字余りが喪服の気持ち悪さを表現。by古乃子
(↑)エロスとタナトスの対比!by一雄
(↑)白い歯は、遺影ではなく…単にうちの子供なんですけどね。by転児

桜子 選 
目隠しの夜の一族瓜の馬 一雄
絵が出てきた。真っ暗な中に仏壇があって、盆提灯が廻っていて・・・
早く帰って来て欲しいと待ち侘びる人がいて、
胡瓜の馬や茄子の牛…何も見えない真っ暗な中で、寝る時間なんだけど続々と帰って来る。
(↑)一族は霊みんな。目隠しは誰?by古乃子
(↑)目隠しは意図的な行為?by睡睡
(↑)目隠しは、夜にかかっている。亡くなった旦那さんを待っている奥さんでは。by桜子

睡睡 選 
乗り継ぎて海を渡りて里の盆 亭々
尾道(瀬戸内)に住んでいるとよくわかる。船便と列車が直結している。夏の句としていい。
(↑)何本か列車を乗り継いで最後には船に乗って、帰省と言わずして移動してくる自分、故郷へ帰って来る自分を表現by古乃子
(↑)素直過ぎるけどいい句。by朴生
(↑)宣伝ポスターのようですね。by転児

粥々 選 
あざやかな影小さきゴーヤの影 えや
ただただ愛しかった。影はモノクロなのに鮮やか。
ゴーヤどうでもいい…大事なものでもないけど、自分の中の景色に繋がった。
(↑)あざやかな影は誰の影?by古乃子
(↑)対比かリフレインかがはっきりしない。by一雄

転児 選 
涼しさや鴨居の若き遺影たち 睡睡
日本の夏。戦争もの。遺影になっている人は若い。涼しさ、凛々しい。
(↑)季語が効いている!by一雄
(↑)若き遺影、ハッとする。by古乃子

依子 選 
原爆忌デジタルアートの鶴を折り 転児
現代的。今は何もかもデジタルの世界。平和の祈りの鶴さえもデジタルアートとは。
(↑)広島を知っている人じゃないと詠めない。今は原爆資料館もリニューアルして、デジタルの仕掛けがいっぱい。by睡睡
(↑)デジタルアートを敢えて平仮名で表現してみても気持ち悪いかも。by一雄

それでは、参加者の本日の一句をご紹介します★★

加奈さんに渉の住所走馬灯 亭々
句会後、その後もっとも気になった句として皆さんより浮上…。

名前のない男と女ダリアの午後 一雄
絵画から作ったような一句。

指先の温もり愛し秋立つ日 朴生
(※推敲例)「秋立つ日」→「今日の秋」

言葉なく胸にうち寄す盆の潮 古乃子
心情的な一句。

満員のプールを洗う人の肌 えや
オリジナルな視点の一句。

処暑なれど路地のまんなかのびた猫  桜子
(※推敲例)処暑「なれど」は説明的ですね。処暑「けふ(今日)も」ぐらいがいいのでは。

地球ごとキアロスクーロ大夕焼 睡睡
キアロスクーロ=明暗法、ユニークな視点の一句。

跣に灼熱走り波を見る 粥々
(※推敲例)跣「に」では、字足らずだし少し説明的。跣「いま(今)」とかにするとより瞬間の動きが出るのでは。まずは基本の575の型を身につけるよう心がけると、どうしても…の時の破調の意味がより出て来るよ。

フォーカスを白く知らせて実椿の 転児
(※推敲ポイント)「フォーカス」と「白く知らせて」は同じ意味。

古への噴井賑はふ平成尽 一草
「平成尽」という表現がユニークと話題。
この夏の断水時を詠まれているのでしょうか…「賑はふ」が少し気になりますね。

ブローチの鳩の白さよ今日の秋 依子
えやさんの陶器ブローチを詠ませて頂きました。

〜以上〜
また、今回も会場提供頂きました居酒屋なお吉さんには、
美味しいお料理の数々をご用意頂き…本当にありがとうございました!!
40074908_717787971895490_1035135879099711488_n.jpg

そして、今回はいつも皆さんの句を事前に清記して下さっている睡睡さんにサプライズお誕生日も♪
39910255_2050061355307724_4514853708701368320_n.jpg

そしてそして、お約束になりつつある我らがマドンナ桜子さんの美しいお着物姿もオマケに♪(笑)
40206803_717787935228827_6805383269719212032_n.jpg 
夏と秋の行合いということで、浴衣を素敵にアレンジされていました♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

じゃこむすびの会の開催は。。。基本偶数月の第3木曜日19時です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪
会場等詳細は参加者におって連絡させて頂きます。

ちなみに次回開催は
2018年10月18日(木)
兼題は「惜別句」です。
※来月尾道を去る粥々さんに捧げる一句を宜しくお願い致します。

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   
posted by Senju at 00:34| Comment(2) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
読ませていただくと、臨場感があって
楽しい句会であることよくわかります。
活発に意見を言い合えるのも
良いですね。
本当の意味で俳句は座の文学だって
教えられる気がします。

仮縫ひのやうな関係夕端居 依子

乗り継ぎて海を渡りて里の盆 亭々

ブローチの鳩の白さよ今日の秋 依子

好きな句をあげさせていただきました。
会のますますのご発展を
祈っております。
Posted by momo at 2018年10月05日 12:52
◎momoさん
いつもありがとうございます♪
隔月ごとに開催して来たこの会も、気づけば4年が経ち・・・
初めの頃と違って、皆さんの意見交換も、なかなか深いものになって来ました。
そして、私自身もここに出した句をまた師に添削頂くことで、更に勉強深まっております。
ご縁に感謝するばかりです。。。
Posted by 依子 at 2018年10月06日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]