2019年05月26日

尾道〜鞆の浦航路★吟行編

asobifune.jpg asobifune5.jpg asobifune4.jpg
芸予瀬戸内シトラス俳句吟行会☆尾道〜鞆の浦航路編
去る2019年5月26日(日)、期間限定航路 尾道〜鞆の浦を結ぶ船「ジュゴン」に乗って、大人6名+小学2年生男児1名仲睦まじく鞆の浦吟行句会へと行ってまいりました。
まずは、まさしく夏の季語でもある「遊び船」らしく、船の舳先に出ることも許され、涼しい海風に吹かれながら、船長さんの丁寧なご案内を伺いつつ、参加者一同それぞれに1時間程の船旅を楽しみました。
asobifune2.jpg asobifune1.jpg asobifune3.jpg
また鞆の浦では、港に着くやいなや酒屋に立ち寄り缶ビールを手にする人も・・・♪
シトラス吟行会ならではです(笑)
tomonoura.jpg tomonourasannsaku.jpg
そして、鞆の浦と言えば・・・保命酒!!
houmeisyu2.jpg houmeisyu1.jpg
珍しいミリンの試飲や、入浴剤のお土産等に心惹かれる人も・・・♪
この季節の鞆の浦では、軒下に巣を作っているたくさんの燕が飛び交う姿や、雁木で子どもさんを遊ばせる景なども見られ、鞆の浦ならではの大変のどかな時間の流れに、つかの間ながらもしっかり小旅行気分を堪能することができました。
そして、午後からは・・・
tomonotu1.jpg tomonotukukai.jpg
参加者の亭々さんの息子さんが学芸員を勤めておられる【鞆の津ミュージアム】にて、ちょうど開催中であった現代アート作家折元立身さんの「亡き母へのカード作品展」の展示を拝見し、ご厚意でお部屋をお借りして句会まで開催することができましたこと、この場を借りて改めてお礼申し上げます。。。

それでは、詳細はせっかくなので参加者の吟行句より。。。

まずはその互選(5句)結果より★★★

亭々 選
鞆の浦伍月の鳶の輪の中に 転児
伍月の鳶というのが、ちょっといいなと思い選びました。自分は目線が下しか見ていなかった。上は見ていなかった。鳶の輪の中に・・・鳶のまわる・・・大らかさを感じる。伍月の鳶、俳句の本の題名になりそうな。

転児 選
囲はれてただアマリリス咲かすのみ 依子
本当に何も無いただ空き地のようなところに咲くアマリリス、あれを句にするとこうなるのか・・・。自分には見逃してしまうような。真っ赤なアマリリスに女の怨念を感じる。私は捨てられてもここに咲くわよみたいな・・・。

睡々 選
亡き人へ宛てたる葉書聖五月 
依子
吟行でこれを詠むのはちょっと・・。聖五月が出てくるのが凄い。普通はあまり出て来ない季語なので、ひれ伏すばかり。亡き人というのが母への手紙なんじゃないかというのが(聖五月から聖母マリアが浮かび)わかる。祈り・・・亡くなった人への想い。

猫々 選
旅人に小蟹捕ったと雁木の子 睡々
私も見てたんですよ。句を読んで、ああいう雁木のところでこういうことが、もうあまりないなぁ・・・と。親も注意せず遊ばせていて、自分の子ども時代を思い出す。
※推敲例)捕ったとは説明的になるから、捕ったよ ぐらいがいいのでは?by依子

松 選
五線譜にドミソ並びの夏燕 転児
なんか私も今日、夏燕の情景が印象が残っていて、情景が浮かんだ。五線譜(電線)にドミソ並びというのがいいなと思いました。

ゴジラ 選
いざ鞆へジュゴン出航風五月 依子
ジュゴン、乗った船の名前でいいと思った。

依子 選
鞆の浦伍月の鳶の輪の中に 転児
伍月の鳶というのが、すぐに寺山修司の五月の鷹の句「目つむりてゐても吾を統ぶ五月の鷹」が浮かんだ。しかして、寺山の句に対して、こちらは伍月の鳶・・・その鋭さのないどこかのどかな輪の中におさまってしまうほどの鞆の浦。そのローカルさを好ましく感じた。

〜以上互選とその鑑賞でした〜
続きまして、それぞれの本日の一句をご紹介♪♪♪

亭々 
保命酒の看板龍や雲の峰
※推敲例)看板龍や→看板に龍 by依子

転児 
回遊すプラゴミ海月ビニル片
親子でくらげの句が詠めましたね。by依子

睡々 
潮待ちの路地飛び交ふや親燕
最後が「夏燕」ではなく「親燕」と詠めたのは、吟行ならでは♪by依子

猫々 
夏空に歴史感じる石だたみ
※推敲例)夏空に→夏空や 「や」の切れを入れることで、景が広がる。by依子

松 
今は亡き叔父叔母思ふ遊び船
※推敲例)思ふ→思ひ by依子

ゴジラ 
うみのなかふわふわおよぐくらげかな
小学2年生、初参加にして素直な名句♪by依子

巫 依子 
大橋をくぐりてよりの風涼し

〜以上〜

日頃、机上ではなかなか俳句が作れないという方でも、
吟行では、とにかく見たまま感じたままを素直に詠む練習をしていくような感じですので、

意外にポンポンと詠めたりします。
また、俳句を作らない普通の旅行だったら見落としてしまうようなことでも、
俳句を作るとなると、細やかに観察する心が芽生えますので、より旅が充実します♪♪♪
吟行は出会いを楽しんでこそ★★★
こちら初心者大歓迎の会ですので、これからも・・・
大人の遠足気分で気軽にご参加頂けたら嬉しいです♪♪♪

ちなみに次回のシトラス俳句吟行会は。。。
2019年7月21日(日)16時半〜20時半 ONOMICHI U2デッキ界隈
『浴衣で夕涼み句会』です♪♪♪
U2デッキ.jpg
浴衣で、海を見ながら、夕涼みかてら、飲み食べしながら、ゆ〜るりと時にドキドキに俳句を作ってみましょう♪

★初心者大歓迎・飛び込み参加可
★遅れて参加も早めに退場も自由
★各自筆記用具と飲み物と酒の肴持参
浴衣に関しましては、尾道お散歩着物 乙女屋さんがご協力下さいます。
レンタル一式2700円、着付けのみ特別に500円、男物もご用意有り。
参加申し込みは。。。
 TEL 0848−46−6287
 aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp(※件名「浴衣で夕涼み」迄)

posted by Senju at 00:00| ◆気ままに十七音