2010年03月05日

クラリセージ

669024_o2.jpg キリストの眼
今回ご紹介する【クラリセージ】
その名前は、「明るい」あるいは「清浄な」を意味するラテン語の「クラルス」
から由来しています。
中世のころには、このハーブは「オクルスクリスティ」、
すなわち『キリストの眼』と云われました。
このハーブがむかし、眼を清浄にする粘液をだす点が利用されたためでしょう。

精神的にも肉体的にも【底知れぬパワー】を与えてくれる精油です。
まず気持ちを鎮め、リラックスさせた上で前向きな気持ちを目覚めさせてくれます。
しかし、パワフルであればあるほど、人知れずうつむきたくなることもありますね。
そんな時に、自分を信じ、歩むべき道をハッキリと見えるように!
させてくれる香りでもあります。

また、この精油は男性女性問わず性的な各種の障害にも有効です。
そうした障害の根底にあるストレスをコントロールするためです。
特に、女性にとっては【子宮】の色々な障害に役立ちます。
ホルモンのバランスを調整する作用がありますので、
月経周期を正常化し、月経前緊張症を和らげてくれます。
また妊婦さんにとっては、分娩を促進し、産婦をリラックスさせ、
産後のうつ症状を緩和させてくれます。
それ以外にも、緊張からくる【偏頭痛】にも有効です。

ただ、非常に鎮静力も強いため。。。
車を運転するなど、集中力を要する時は、用いないようにして下さいね。
広島ブログ
posted by Senju at 12:11| ◆香りのご紹介