2012年03月08日

one 〜あの日から1年〜

monster01.jpg  北窓を開き帰らぬ人のこと 依子
「北窓を開く」という季語がある。
ひと冬の間、目貼りをして塞いでいた北側の窓を、春めいて来たので開くこと。

数か月前、急にふと【樹氷】が見たくなって。。。
蔵王行きのおひとり様限定ツアーに申し込んだ。
すると、当初は、東京ー蔵王直行というバスだったはずなのに。。。1週間程前に、
いきなり!バスツアーが催行人数不足につき中止なるお知らせが届いた。
急遽、旅行会社指定の新幹線ツアーに変更したところ、またまた数日前に!
今度は、利用便の変更のお知らせが届いた。
見るやビックリ!!!東日本の震災から1年目という日を、自分が、
ツアーに申し込んでいることに無自覚だったのも・・・ですが、なんと!!!
3.11の日に福島の地に立つことになろうとはっ!!!!!

というのも、大阪っ子バリバリの私が、尾道へ移住し、俳人として句を出句するように
なった時、ある日ふと気づいたことがあったのです。

  広島県 巫 依子

そう、私は今は広島県民なんだと!!
その時、いつかは「原爆忌」をテーマにも俳句を詠まないとなぁと思っていたのですが、
まさか!ここで繋がるとはっ!!!

日本に関わらず、3.11以後。。。
世界規模で、「地球意識」というか「宇宙意識」への目覚めが早まり、
それぞれに、何かが変わってきているのではないでしょうか?

今、私が注目しているアーティストの一人神代和博
さんもそんな立派な宇宙人(笑)
彼に、まさに3.11の日に降りて来た曲『one』
の歌詞を、ご紹介させて頂きますね。


 
          ありがとう  生まれてくれて

          愛してる   ありのまんまを

          ありがとう  生きててくれて

          愛してる   ありのまんまに

        あなたのそのひとつの  いのちに

        すべのいのちの  声があるから

        聴こえていますか   この星の

        いのちの歌が   その胸の中で


一緒に歌ってみたいなぁ〜と思われた方は、是非こちらもご覧ください♪♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=b7gLUoiXRRM

そうは言っても、個人の意識レベルにおいては、教育や文化の違いによって等々、
まだまだ諸々の差別意識というか「見えない壁」があることも現状。
福島の中学生の方が書かれた作文「使命」p.10も是非お読みになって下さい!
http://www.vill.otama.fukushima.jp/kouhou/h23/h2312.pdf

ちなみに、大阪の我が偉大なる母上様は、この度のまたまたアホな娘の、
気まぐれ思いつき旅♪につきましても、やはり一喝!
「海も空も繋がってるのにどこにおっても一緒や!気ぃつけて!」でありました(笑)
それでは、また無事旅から戻り、Senjuでお会いしましょう♪♪♪♪♪

★☆★☆★☆★開け〜ゴマ♪とんとん♪開け〜ゴマ♪とんとん♪(祈り)★☆★☆★☆★
posted by Senju at 03:36| Comment(4) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
この歌も輪になって歌ってますね?

昨日から輪になって踊る話をよく聞きます!

大きな変化の渦の中、今までの経験を糧に乗り越えていきたいです!



Posted by クリスタルもも at 2012年03月08日 21:16
じっと樹氷に向き合って句作して
いらっしゃることとおもいます。
至福の時ですね。

帰らぬ人のこと。。。姑を失って
ほんとに帰ってこないんだなって
実感してます。

うとましく思っていても
やはり、いっしょにいた人だった。
帰らぬ人となってしまったことの、
さびしさを感じます。
Posted by momo at 2012年03月11日 11:50
●クリスタルももさん
ただいま♪お久しぶりです!
そして、コメントありがとうございます。
「輪」「円環」…
これも宇宙に仕組まれたものなんでしょうね。
お盆に魂を弔う「盆踊り」もやっぱり「輪」になって踊りますね。
ホテルで偶然、一青窈さんが中島みゆきさんの「時代」を歌っている映像も見ました。
まわるまわる〜ですね♪
しかし、同じとこグルグルするのではなく、
少しは成長していきたいものです!(笑)
Posted by Senju at 2012年03月12日 10:07
●momoさん
ただいまです♪
コメントありがとうございます。
私が行った日は、あちらでは稀にない!!
大雪の日だったみたいです(笑)
あいにく、あちらでは体感するのに夢中で、
これより、じっくり句のかたちに纏めていけたらなと思っています。
お姑さんのこと。。。みんなそうなんですよね。
失ってはじめて、その存在が浮き彫りに。
私もこの度の旅では、色々と過ぎ去った時間、傷つけた人々に、
涙することが多かったです。
か〜なり怪しい女だったことでしょうが(笑)
Posted by Senju at 2012年03月12日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]