2012年09月10日

記念すべき☆巻頭

20120906221219.jpg 愛果てて恋の始まり虫の闇 依子
 俳句をはじめて12年、毎月所属結社「知音(ちいん)俳句会」の結社誌「知音」に、
(※知音俳句会公式HPはコチラhttp://www.chi-in.jp/
投句を続けて来た。うちの結社は俳句の世界でも珍しく、二人代表制をとっており、
行方克己(なめかたかつみ)先生と、西村和子先生を私は師として仰いでいる。
そして、この度行方先生が現在選句を担当されている同人(どうじん)欄にて、
初めて!!「巻頭(かんとう)」に選んで頂くことが叶いました。
小さな小さな世界の話ではあるけれど、これは私にとっては記念すべき一大事★
なぜなら、たかが俳句されど俳句の「魔力」の為に、私の人生はおおいに翻弄され
てしまったとも云えるから。。。それはふと、今、命があることさえも不思議に思える程。
それでも、知音に二人の先生がいてくださって、本当に良かった。
私の中のこのどうしようもない多面性を、両先生の懐の深さがあってこそ、
在るがままに、これまで受け止め続けてきて頂けたから。
その姿勢は、今、セラピストとしてSenjuに居る私にも、深く通じている気がします。
今回、選ばれた句の中に。。。
  天地のあはひ早苗の立ちにけり (天地:あめつち)(あはひ=ものの間という意)
と、いう句があるのですが、干支の一周ではありませんが、今また私の俳人としての
新たなサイクルが始まろうとしているのかもしれません。
不器用で愛を築くことさえも。。。な私にも、いつかまた良き実りがあればいいなぁ♪

posted by Senju at 22:45| Comment(4) | ◆気ままに十七音
この記事へのコメント
巻頭おめでとうございます。

すばらしいことです。それも、勢いのある
依子さんらしい句が揃って、
よかったですねえ。

そしてこの句、恋が始まろうとしているのですね。
というか、もう、芽生えているのでしょうか。
また、素敵な恋の話、聞かせて下さいね。
Posted by momo at 2012年09月12日 17:09
●momoさん
先日はお知らせありがとうございました♪
私にとっては、正直え?この句で?
と、いう感じなのですが。。。
これでようやくスタートラインに立てた感ではあります。
あらためて、俳句はやはり奥深いですね。
それこそ、今後はmomoさん達のように、
俳人協会の方で入賞を目指していかないといけませんね。
そして、この「恋」の意味は違います違います(汗)
確かにこの句を作った時はそうでした(笑)
今は「俳句に恋して」という意味での掲載です、よ☆
Posted by Senju at 2012年09月14日 22:44
巻頭よかったですね。
何事も打ち込めるものがあるということは素晴らしいことです。

10月20日、まずは楽しんでくださいね。
以前、読んだ本の中に、人生は心の深い部分で求めているものを、あきらめずに求め続けていれば、「必要な時期」に「必要な人」と必ず出会うように出来ているとありました。

良き実りがありますように。

Posted by こみゆらむ at 2012年09月30日 16:43
●こみゆらむさん
コメントありがとうございます。
打ち込めるものがある幸せ。。。
それはほんまにそうですね。
さて、深い部分で求めているもの。。。
そうなんですね。
まさしくアルケミストですね。
Posted by Senju at 2012年10月01日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]