2017年06月19日

第4回亀仙人と行く尾道俳句吟行会☆無事修了

20170507_113322.jpg20170507_102208.jpg20170507_102152.jpg
第4回亀仙人と行く尾道俳句吟行会☆無事終了

遅ればせの吟行句会報になり、お赦しください。。。
去る2017年5月7日(日)、ゴールデンウィークラストの日、
第4回の因島除虫菊吟行俳句会が無事開催終了致しました。

「除虫菊」は、かつて蚊取線香に使用されていた花で、
今となってはその用途はなくなり、観賞用の「幻の花」となりつつあります。
当日は、しまなみ海道らしく「蜜柑の花」も咲く頃にあたり、
本当に気持ちの良い好天に恵まれたまさしく吟行日和でありました。

また参加者の方も・・・
じゃこむすびの会でお馴染みのメンバーに加え、
今回初めて、近隣の弓削島より短歌歴の長い歌詠みのベテランゆげるさんや、
ピアノの先生をされているという俳句初心者な女性みかんさんが参加下さるなど、
いつにも増して、色々な趣向の素敵な句がたくさん生まれた吟行句会となりました♪♪♪

お昼にみんなで頂いたイタリアンも良かった☆☆☆
20170507_115751.jpg 私はレモンクリームパスタを♪

それでは、それぞれに詠んだ句(8句)より抜粋にてご紹介

猫猫 作
青空に白きパノラマ除虫菊
本日の景を見事に言い切った一句!!と依子大絶賛
風に舞う白き妖精除虫菊
※舞う→舞ふ
まさか猫猫さんの句とは!!例えが素敵と女性陣より好評
風香る汽笛聞こえる港町
※香る→薫る、聞こえる→聞こゆる、港町→港かな
「港町」まで言うと、今日の感じではいい過ぎかな…との声も
新緑に心奪われ時とまる
耳すませ山の演奏老鶯か

亀仙人 作
鯉のぼりあおしろかほる島の風
イメージが浮かぶと猫猫さんより好評
しろみどりかほり織りなす島の夏
視覚で詠むか嗅覚で詠むか…欲張らない方が良いのではと依子より
そよ風と白きかほりの除虫菊
芳香のない除虫菊を「白きかほり」と詠んだのはなかなかと依子より
そよそよとはるか波間の除虫菊
海から見ているのか、海を見ているのか…視点をもう少しハッキリと
目を閉じて鶯のこえ白い花
※添削例)白い花瞳閉じれば匂鳥
語順を入れ替えることで、視覚から聴覚への感覚の移行が効いてくる?

ゆげる 作
眼をすがめをれば母の在す除虫菊 
※添削例)眼をすがめをれば亡母在す除虫菊
亡母(はは)と表記した方が、より感じが出るのでは
除虫菊今はも只の華となり
蚊取線香にはもう使われていないところを読んでいる感じが…と猫猫好評

ゆずり葉になほ力ある山路踏む
土地の人ならではの観察眼と依子好評
そのかみの威勢恋ほしか除虫菊
「かみ」は「神」と表記した方がわかりよい?
竹の秋梢にからすのそよぎゐて

みかん 作
花みかん自転車客に道教え 
※添削例)花蜜柑サイクリストに道教へ
しまなみ海道らしい一句と参加者大好評
ステージは石がきの上除虫菊
ピアノの先生ならではの視点と亀仙人好評

潮の香とコラボレーションみかん花
島の風景が思い浮かんだと猫猫好評
除虫菊ほほえみショットカメラマン
句のピントは?と視点がややぼけるかな。
とんび鳴く山すそに咲く除虫菊

巫 依子 作
行く船の澪の白さや聖五月
手慣れた感じがするとゆげるより
船を待ち人待ち除虫菊の揺れ
風景が綺麗だなと好評
さへずりを風音を聴き除虫菊
除虫菊の視点ですねとみかんより

風音「と」にした方が面白いのでは?とゆげるより
ペダル漕ぐ脚を休めて除虫菊
そこに居合わせたので、凄くリアルに飛び込んで来たとみかん好評
時折の汽笛をとほく除虫菊

どの方の句を見るにつけても・・・
やはり吟行ならではの生き生きとした感じがあります★★★
参加者の皆さん、ありがとうございました。
こちらは、初心者大歓迎の会ですので、これからも・・・
大人の遠足気分で気軽にご参加頂けたら嬉しいです♪

次回よりこちらの会は、諸事情により・・・
「亀仙人と行く尾道俳句吟行会」改め【シトラスの会】に変わります。
次回は7月7日(金)19時〜尾道ロイヤルホテルビアガーデンの予定です。
※句会は、翌日出句のメール句会を予定しております。
ふるってご参加下さい!!!(要・事前予約)
【じゃこむすびの会】も引き続きどうぞ宜しくです★☆★
posted by Senju at 18:01| Comment(1) | ◆気ままに十七音

2017年05月10日

第17回じゃこむすび★句会報

20170420_191717.jpg
第17回じゃこむすびの会★句会報

2017年4月20日(木)、
第17回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、いつもヤイヤイ言ってくださる亀仙人さんが欠席で寂しくも(笑)、
女性参加の方が主催者以外に3名もおられ、大変に華やか句会となりました♪

また、この度は私が尾道へ移住して10年目にもあたり・・・
こうして句会をご一緒できる仲間にも恵まれて来たことが本当に嬉しく、
只今TVのプレバトで人気沸騰中の俳人夏井いつき先生を真似て?
私も初の着物姿(画像)で参加を果たしました♪

句の方もお陰様で欠席投句含め様々な40句が集まりました。

ちなみに今回の兼題は【エイプリルフール】(5句中1句はこの題で出句原則)
さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第16回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

2017-04-21 08.49.14.jpg
金賞(13点) この世などエイプリルフールなのかもね 優味
2度目の参加にして堂々の金賞!おめでとうございます♪
             
銀賞(9点)    鉄橋の出会い別るる春夕焼  睡々
※出会い→出会ひ
鉄橋「に」じゃないのか…等、色々物議をかもし出しながらも…鉄橋そのものを詠まれたそうな。

※銅賞は、同点(6点)句がたくさんありましたので今回は略させて頂きます。
続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

亭々 選 
春宵の狂ひ鳴きたるサキソフォン 巫 依子
春は木の芽時で人間も狂い出す。サキソフォンに本音の部分がうわっと出たのかな。

えや 選 
鉄橋の出会い別るる春夕焼 睡々
絵が綺麗だな。。。

猫猫 選
四月馬鹿ささいな嘘に踊らされ 桜子
今話題になっているエイプリールフール用の動画に騙された感が出ている。

桜子 選
滑走の車輪収まり花景色 睡々
自転車の車輪が止まるぐらいのしまなみの花景色…。

睡々 選 
薄氷の空に漣ある如く  亭々
自分自身も見たばかり…だったので。

優味 選 
傘浮かせ譲るも嬉し花の雨  睡々
桜だったり…色んな花を見に行って優しい気持ちになった。その伝染。

巫 依子 選 
この世などエイプリルフールなのかもね  優味
なかなかに深いところを軽く言い切ったところがいい。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

冷や汗のツィート多く四月馬鹿 亀 仙人
現代的なところを捉えておられますね。

紺青の人と訪ねし桜かな 亭々
「紺青の人」とは…スーツの人か…色々想像が膨らみましたね。

ダシのない汁と目刺しの朝ごはん えや
いつもリアリティ(生活感)を大切にされて…の句作がいいですね。

笑顔咲く会話も弾むお花見で 猫猫
※添削例)笑顔咲き会話も弾む花見かな
「で」は、できるだけ避けてみて下さい。

ひらひらと夜桜のもと盃に 桜子
※添削例)ひらひらと盃に夜桜のもと
敢えてリズムを乱してみるのも、経過があらわれいいかもしれません。

旅人に目を閉じ探す春ひとつ 睡々
※添削例)旅人の瞑(めつむ)り探すひとつ春

自転車で島から島へ若布来る  優味
※添削例)若布届く島から島を自転車で

海 桜 坂 猫 春のカルテット  依子

もちろんここに挙げた句以外にも、今回も素敵な句がたくさんありました★★★
俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、
最近は・・・
20170420_203437.jpg (前回金賞受賞の桜子さんも)
【盃に釘彫り】していっております★★★

もちろん、選ばれなくてもご自分の句を記念に・・・も可能です♪

そして、いつもいつも愛いっぱいのお料理で会場提供くださる・・・
壱六拾さんにも心からの感謝を★★★

まだまだ色々と力不足の私ですが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。。。

次なる第18回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2017年6月15日(木)
兼題は「ソーダ水」
です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   
posted by Senju at 09:59| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2017年04月18日

10年目の春の喜び

17883744_1248544448596172_867761891591683531_n.jpg17629790_576965119164859_6661236585030368974_n.jpg

   或る日より花見船となり渡し船 依子

高速バスより旅鞄ひとつで降り立って、尾道市民になったのは10年前。。。
その移住10年目の春にして、久しぶり(6年ぶり)の尾道俳句まつり入選
旅人としてではなく、住人の視点で詠みたかったところが叶いました。

十代の頃、大林宣彦監督の映画の中の町として魅せられた尾道。。。
10年という歳月の中で、町は色々な貌を見せてくれました。

そんな尾道という町が詠ませてくれた句。。。
昨年より、【尾道文化】という冊子に掲載頂くご縁も頂いております。
今年のテーマは『月へ』
(※昨年のテーマ『海へ』はhttp://aroma-senju.com/article/174529958.html
20170330_142914.jpg 20170330_143206.jpg 

   月へ   巫 依子

 対岸に待ち人のゐて冬の月
 春の月バージョンが一度尾道俳句まつりに入選、原句は冬の月。

 放蕩の血を眠らしめ梅雨の月
 「俳句研究」という雑誌の30句競泳佳作入選句。

 み仏と暮らすこの町月涼し
  尾道の山の手ならではの一句。

 海原に空に寒月あるばかり
    44歳の誕生日を迎えたばかりのスーパームーン。

   昼の月ぽっかり浮きて蜜柑山
    この地を去ることになった友と最後にしまなみをドライブした折の一句。

 ※【尾道文化】は啓文社並びに花本書店にて発売中

歩みは遅々と…ではありますが、まだまだ尾道らしい句を詠み遺していきたいものです。
只今。。。
偶数月の第3木曜日には、俳句であそぼ575「じゃこむすびの会」
奇数月のどこか1日には、「亀仙人と行く尾道俳句吟行会」
も開催中です♪♪♪
posted by Senju at 10:41| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2017年03月27日

第3回☆桜土手〜なかた美術館吟行報

17523626_1229784310472186_1860830834557714245_n.jpg17499565_1229784380472179_5019854629565155218_n.jpg17499090_1229784523805498_3204585593536912946_n.jpg

第3回亀仙人と行く尾道俳句吟行会☆無事終了

去る2017年3月26日(日)、春らしい陽気に恵まれる中・・・
第3回の桜土手〜なかた美術館吟行俳句会無事開催終了致しました。

桜土手は、尾道の桜の名所スポットでもあるのですが、この日はあいにく時期早々でありました。
なので「花含(はなふふ)む」という季語があるんですよ〜とお伝えしたり。

また、美術館の方では、エコール・ド・パリを中心とした画家たちの作品を一同にした展示の開催中でした。
17424848_1229785663805384_4116876220792746187_n.jpg この展示が、なかなかに素晴らしかったです☆

ということで、桜土手を散策するもよし!美術館で句をひねるもよし!

今回は、春休み中ということもあって、可愛らしい姫ちゃんもお父さんと一緒に初参加下さっていました♪
17265075_10212257041202398_76219200683795588_n.jpg  17499004_10212257041322401_4019550394048693294_n.jpg

参加者の皆さんには、それぞれ5句作って頂きました。
まずは、それぞれに選んだ句より抜粋にてご紹介させて頂きます。

直道(ただじ)選
描かれし婦人の眼春愁ひ 依子
絵を見てみたいなぁと思いました。

猫猫 選
恋は咲く桜のように満開に 亀仙人
ほのぼのとした一句。

亀仙人 選
エコール・ド・パリの画家たち春うらら 依子
今日の感じを。

巫 依子 選
まだ咲かぬ蕾の中に春みつけ 亀仙人
桜が咲いてなくて、今日みんながそれぞれに自分なりの春を感じるところを探している感があった。そんな中の素直な一句。

それでは、次に参加者の一句を。

卒園のせんぱいのあとリーダーに 直道
せんぱいが卒園して、いよいよ娘さんがリーダーに!
今しか詠めない記念の一句になりましたね。

新しい縁を求めて春の空 猫猫
春だからこその感じですね。

お帰りと春の陽だまり微笑んで 亀仙人
陽だまりがお帰りと微笑んでくれているように感じる…あたたかく優しい句ですね。

春装の女の子玩具の眼鏡掛け 依子
17426054_1229784710472146_997809478441805969_n.jpg 
このオモチャのメガネをかけたキュートな女(め)の子を詠みたかった♪(笑)
おっと姫の短冊も♪
2017-03-27 23.30.07.jpg

吟行は、何が待っているかわからないドキドキワクワクの機会です。
その日その場所だからこそ詠めるところ、このメンバーだからこそ詠めるところ、そんな風に、かけがえのない出会いを大切にできたら…心も豊かになりますね。

今回は、ランチはみんなで「くじらぐも」さんのオムライスに行き、
句会には、素敵な期間限定のデザートセットも♪
17264288_1229785580472059_5114272652178054740_n.jpg

参加者の皆さん、今回もありがとうございました。
こちらは、初心者大歓迎の会ですので、これからも・・・
大人の遠足気分で気軽にご参加頂けたら嬉しいです♪

次回こちらの吟行会の開催は・・・
2017年5月7日(日)因島の除虫菊を見に行こうです♪
その前に4月20日(木)のじゃこむすびの会も宜しくです★☆★


posted by Senju at 22:40| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2017年02月23日

第16回じゃこむすび★句会報

20170216_185305.jpg20170216_185204.jpg
20170216_185233.jpg20170216_214447.jpg
第16回じゃこむすびの会★句会報

2017年2月16日(木)、今年最初の・・・
第16回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、えや先生が風邪で欠席が寂しくも、
初参加の方が4名(うちお一人は欠席投句)、お着物姿で参加してくださる方も2名いらして、年明け第1回目にして、大変に賑やかな句会となりました♪
句の方もお陰様で様々な45句が集まりました。

また、今回からは初めて兼題にもチャレンジして頂きました。
ちなみに今回の兼題は【バレンタインデー】(5句中1句はこの題で出句原則)さて、結果はいかに。。。

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第16回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(9点) 小雪舞だるま市にてはしゃぐ君 桜子
※添削例)舞う→舞ふ
三原のお祭に行かれた時のワンシーン。2度目参加にしての金賞です!お見事!
              
銀賞(8点)    送ってくれし人見送りぬ春の月  巫 依子

銅賞(7点)    キンとした夜空を欲す仏手柑 えや
夜空を欲すとは…さすがえやさん!回を重ねて表現力が増して来られましたね!!
銅賞(7点)    ぬんるりと露西亜の鰊沁みわたる 睡々
初参加にしての入賞入りです!!鰊(にしん)とは季題選びもなかなか。
銅賞(7点)    人の間を縫うやうにバレンタインデー 亭々
兼題のバレンタインデーでは、亭々さんのこの句が1番句という結果に。

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

亀 仙人選 
送ってくれし人見送りぬ春の月 巫 依子
俳句というのはイメージが浮かび膨らんでこそなんだなぁと思い選びました。
この二人は、淋しい人なんじゃないかな。きっとこの人達はうまくいかない二人じゃないかな。

亭々 選 
バレンタインデーサンプルネイルで虜にす 転児
ふつう自分でお金を出してなら選ばないネイル。
人からサンプルで貰った・・それでこそ遊ぶというところが面白い。

猫猫 選
小雪舞うだるま市にてはしゃぐ君 桜子
想像もすんなりイメージできた。はしゃいでいるのは彼女?

桜子 選
薄氷の在り拠を風の水面かな 亭々
意味はよくわからないのだけれど、自分も因島の公園に行った時、風も強く、
水が凍ってその中に閉じ込められた葉っぱを見たばかりだから。

転児 選 
寒明けの会話括弧の滲む角  睡々
寒が明けて・・だから色んな人と会って話す。
久々に会って話すと、あの時は・・・の「・・・」が、だんだんと解けてくる。わだかまりもとけてくる。

優味 選 
ミツバチの百花繚乱宙に舞ふ 亀 仙人
言葉の並びが綺麗。想像できる。

巫 依子 選 
ぬんるりと露西亜の鰊沁みわたる  睡々
鰊のあの色模様といい独特な感じを「ぬんるり」という独自の言葉で表現せしめたことにこそ、この句の勝利がある。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

裁ちバサミ古き繕い削ぎ落とし 亀 仙人
※添削例)裁ちバサミ繕ひ削ぐも浅き春
せっかくの俳句。季語を用いて句に深みや広がりを持たせたいところ。

人日や電気の紐の垂れ下がる 亭々
人日(じんじつ)とは、正月7日の人を尊ぶ日。

バレンタインデー今年は欲しいあの娘から 猫猫

ほろ苦き香りまといしショコラティエ 桜子
※添削例)ショコラティエほろ苦き香に二月かな
二月はバレンタインデーのある季節。ショコラティエさんも日々忙しく、その香りに…。と、季語を入れることで俳句らしくより想像が膨らむかな。
まといしは文語表現なので、まとひしになります。文語を使うなら表記もそうしたいところ。

踏み絵してマリアの鼻がよく刺さり 転児
踏み絵とは、江戸時代キリスト教を弾圧していた頃、信者でない証拠を得ようと、
キリストや聖母マリアの絵や木版を踏ませたこと。信者の多い長崎を中心に、九州各地で、毎年春に行われた。

手にとりて畑を想うからし菜よ  優味
※添削例)想う→想ふ

苦い苦い持ち帰るバレンタインの日 えや

春灯の坂の袂に別れけり  依子

もちろんここに挙げた句以外にも、今回も素敵な句がたくさんありました★★★
俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、
最近は・・・
【盃に釘彫り】していっております★★★

もちろん、選ばれなくてもご自分の句を記念に・・・も可能です♪
20170213_095921.jpg ←仕上がり見本まで

そ・し・て・・・
今回、今年初のじゃこむすび会ということで、
壱六拾さんも、めいいっぱいのご馳走をご用意くださいました〜!!!
なんやかんやでいつもいつも本当にありがとうございます!!!

20170216_182920.jpg 20170214_225935.jpg

参加者によるバレンタインプレゼントも・・・。

まだまだ色々と力不足の私ですが、どうか今年も宜しくお願い致します。。。

次なる第17回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2017年4月20日(木)
兼題は「四月馬鹿、エープリルフール」
です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)   
                           20170216_185342.jpg

posted by Senju at 10:48| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2017年01月11日

第2回☆西国寺吟行報

15894968_1141821212601830_7712822960829143152_n.jpg15872009_1141821315935153_5092453248591003892_n.jpg20170108_114801.jpg
第2回亀仙人と行く尾道俳句吟行会☆無事終了

去る2017年1月8日(日)、またまたの雨模様にもめげず・・・
第2回目の西国寺吟行句会を、無事開催終了致しました。
主催者・幹事の亀 仙人、アドバイザーの巫 依子他、
じゃこむすびの会のお仲間や新規1名の方含む3名のご参加を頂き、

本当にありがとうございました。

境内にあがると、早速仲間のひとり壱六拾さんが、
雨の中たった一輪咲いている桜を教えてくださいました。

20170108_102130.jpg 「返り花」「狂い花」という季語でも詠めます。

尾道の地に、こうして俳句を共に楽しむ仲間ができつつあること・・・
本当に嬉しいばかりです!!

今回の吟行は、季題の【初薬師】という日にあたる1月8日に開催。
初薬師は・・・
その年はじめの薬師如来の縁日。
薬師如来は、左手に薬壺をもち右手は施無畏(せむい)の印を結ぶ医薬の仏で、
衆生の様々な病患を救うと広く信仰されています。

健脚などを祈願する大きな藁草履が門に掲げられある尾道の西国寺でも、
この日「火渡り」の行が行われています。
吟行のメンバーからも、3名の有志が行に参加致しました(写真中央)。

それでは、早速にそれぞれの互選(お互いに句会で選んだ句)の一番句より、
ご紹介させて頂きたいと思います★

亭々 選
火渡りの蹠確かに初薬師 依子
いや〜私も「蹠(あうら)=足裏のこと」を使って詠みたかったものですから〜。
今日の感じまさにです。。。
亀仙人さんからは、火渡りしてない癖に〜と批判の声も(笑)

猫猫 選
雨の中一輪咲くや山桜 亀仙人
今日見た感じ。寒い中咲いていた・・・
と、そこまで言いかけた時に依子より待ったの声!
「この句だけからは、寒いまでは伝わらない。それは深読みになっています。」
添削例) 雨の中一輪咲くや寒桜

亀 仙人選
火渡りの煙朦朦初薬師 亀 仙人
今日見た通りの感じでした。

巫 依子選
偶然の出合い繋がる初句会 猫猫
今日という日への素直な挨拶句。初句会だからこそ、偶然のご縁の繋がりに今があることを実感しますね。
添削例) 偶然の出合ひ繋がり初句会

次に、それぞれの本日の一句をご紹介しますね★

亭々
勤行に混じりて雨の初句会
添削例) 勤行に混じりて雨の初吟行
句会より吟行の方が、勤行に混じり・・が生きてきませんか。

猫猫
火渡りで健康祈願寒の雨
添削例) 火渡りに恃む健康初薬師
「で」は、話し言葉の説明的なので、少し避けるように心がけてみてください。
恃(たの)むは、あてにする、懇願する、依頼するなどの意味です。
また俳句は季語が効いてこそなので、寒の雨ではもったいないかな。

亀仙人
火渡り行身体は寒く足熱く
添削例) 火渡りの身体は寒く足熱く
体験者ならではの一句ですね。

壱六拾
健脚寺箱根五区へと続く坂
添削例) 初薬師箱根五区へと続く坂
季語を入れることで、駅伝の坂への飛躍が生きてきませんか。

巫 依子
坂のぼり石段のぼり初薬師

吟行の時は、限られた時間の中で詠まないといけないので、
なかなかに大変ですが、みんなで同じ場を共有することで、
この人は、ここをこんな風に詠んだのか〜ということがより実感としてわかり、
ひとりひとりの個性もよりユニークに感じられたり、また良い勉強にもなりますね。

そして、最後になりましたがこの度素敵なお部屋をお貸しくださいました西国寺様、
また今回お仕事の都合で吟行だけで帰られた壱六拾さんには、
昼餉の差仕入れにと「巻き寿司」をご用意頂きまして、本当に感謝するばかりです。

次回こちらの吟行会の開催は・・・
2017年3月26日(日)なかた美術館界隈です♪桜の頃でもありますね♪
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にご参加下さい★☆★
posted by Senju at 11:31| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2016年12月31日

2016年☆感謝

marius2-2014-12-19T14-33-33-1.jpg 行く先もわからぬまゝに冬木立

占いによりますと・・・今年は人生で一番しんどい時期にあたっていたようです。
そして、それを乗り越えた私は、今までよりも少し強くなれているようです。
ちなみに来年の秋ぐらいまでは、まだちょっと吉凶混合運らしいのですが、
今年を乗り越えた免疫力があるので、なんとかやっていけるそうです。
さて、いかがなものでしょうね・・・(笑)
確かに、カルダルーチェを軌道に乗せるところまでもっていけなかったのは、
自分にとって大変にしんどい経験ではありました。
精神的にも肉体的にもかなりのパワーを注ぎ・・・なかなかに疲労困憊・・・
おまけに経済的にも不安定な状態になり・・・
それでも、私のセンジュでの仕事を待っていてくださったお客様方がいてくださり、
なんとかこうして無事に今年を終えられること、ほんまに有難いことだと思います。

お誕生日に、お客様より素敵な言葉を頂きました。
15492033_1106769859440299_8087729418935205951_n.jpg
「めぐりあい」人と人との出会いこそ最大の幸福・・・
素敵なお客様方に支えられていることに、あらためて心からの感謝を★★★

来年は、セラピスト歴20年目、センジュは10周年目を迎えます。。。
まだまだどうなっていくのか感の拭えない不安定な私ですが・・・(笑)
皆さんの少しでもお役に立てたら嬉しい限りです♪

2016年すべての出会いに感謝。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。。。
posted by Senju at 13:28| ◆気ままに十七音

2016年12月27日

ツイッターはじめています

posted by Senju at 11:37| ◆気ままに十七音

2016年12月17日

第15回じゃこむすびの会★句会報

20161215_200456.jpg 20161215_200503.jpg 20161215_203423.jpg 20161215_203416.jpg

第15回じゃこむすびの会★句会報

2016年12月16日(木)、今年最後でもある・・・わけあり豪華バージョンの(笑)
第15回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、初参加の女性が2名、並びに飛び入りで俳句経験者の男性が1名、
合わせ3名もの新しい方が加わってくださったお陰様で、大変に場が華やかなものとなりました♪

今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第15回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(15点) 海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
会を継続すること・・・ようやくの堂々金賞にお選び頂き、感謝。
              
銀賞(9点)     極月や輝く月に君想う 慶 亜依
※添削例)君想う→君想ふ

銅賞(8点)    酔い覚ますラスト珈琲年の暮れ 慶 亜依
※添削例)酔い→酔ひ
「年の暮れ」まだまだやることもいっぱい。だから最後はコーヒーに。季語が効いた一句。

慶 亜依さんは、初参加とは思えない・・・堂々ダブル受賞でした!!

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
寒月があることによって、海原と空にそれしかない!
寒い時に、空も澄んで海も澄んで雲ひとつない!という感じが強調される。まさに昨夜の感じ。

亀 仙人 選 
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
昨日のスーパームーンを思い出した。寒い夜に冷たく涼しく見えるが、何かを暗示している景なのか。
作者の心はいかに・・・。

慶 亜依 選
海原に空に寒月あるばかり 巫 依子
景色がズバリと思い浮かぶ。スカッとした感じのところが気に入りました。

桜子 選
極月や輝く月に君想う 慶 亜依
昨夜の(スーパームーンを観ていた)自分とリンクしました。

亭々 選 
手袋の憶えてをりし別れかな  巫 依子
ちょっと切ないところがいいということで選ばさせて頂きました。
捨てずに持っていたのか、思い出す為にとっていたのか・・・。
今は亡き俳人 鈴木シヅ子の句
横浜にひとと別れし濃霧かな
を、思い出しました。

巫 依子 選
嚔してフランシスベーコン貌の外 亭々
哲学者フランシスベーコン似の気取った男も、くしゃみという生理現象においては、
恰好もつけていられない・・・おかしみのある句。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

ジャケットの袖持ち待つは終電車 えや 
※添削例)ジャケット→外套(がいとう)
句にドラマがあると好評。

額縁に冬の景色をとじこめる 亀 仙人
※添削例)とじこめる→とぢこめし
「とぢこめ」という表現が冬の閉塞感を表現。

枯れ木さえ呼び覚ますかな胸の音 慶 亜依
※添削例)胸の音呼び覚ますかな枯れ木さえ
語順を入れ替えるだけで、ドラマチックになりませんか?

帰り道見上げた空にオリオン座 桜子
※添削例)見上げた→見上げし
日常の中の詩的な瞬間を切り取られていて素敵。

極月や句集に挟む請求書 亭々
極月(ごくげつ)=12月 らしさを個性的に表現。

めがね掛け補聴器つけてマスクして たけ
マスクしてまでの一連の流れを、オリジナル武装のようにユーモラスに表現。

湯どうふや考へることあほらしき 巫 依子

もちろんここに挙げた句以外にも、今回も素敵な句がたくさんありました★★★
俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々想像したり・・・お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、
最近は・・・
【盃に釘彫り】していっております★★★
13938393_988282117955741_8277945306170277103_n.jpg
もちろん、ご自分の盃でお酒を頂くことも可能ですし♪
優勝句でなくとも、記念に自作の句を釘彫りすることも可能♪♪♪私もちゃっかり(笑)
20161215_232315.jpg ←仕上がり見本まで

そ・し・て・・・
今回は、亀仙人さんほか皆さんのサプライズな粋なはからいにより・・・
私のお誕生日会までして頂き、ほんまになんとお礼を申し上げてよいものやら。。。
20161215_212946.jpg 20161215_200519.jpg
この場を借りて、あらためてお礼申し上げます!!!
(※素敵なプレゼントの数々ありがとうございました。今後はこのようなお気遣い無きよう^^;)

私が、尾道という町に惚れ、ついに移住までして来てしまったのはかれこれ9年前。
句会や吟行の一緒にできる仲間ができたらいいなー♪とずっと思い続けていました。
でも、自分自身の無精もあって・・いつもなかなか継続叶わず・・・。
この「じゃこむすびの会」が、細々とながらも・・・15回まで継続して来られたのも、
会場を提供してくださっている壱六拾さん
儲けにもならないのにずっと協力くださっている陶芸家の惠谷さん
ほか、句を寄せて頂く皆様お陰様です!!!

俳句(句会)は、遊びだけど、お遊びにはしたくない!!

今回、金賞に選んで頂けたことは、密かに最高のプレゼントでありました(笑)

まだまだ力不足の私ですが、どうか来年も宜しくお願い致します。。。

次なる第16回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2017年2月16日(木)です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)

posted by Senju at 00:18| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2016年11月29日

第1回☆三景園吟行句会報

15218552_228468384250281_944336731_n.jpg15218282_228441060919680_1481806167_n.jpg15218283_228441104253009_1344604233_n.jpg
15240075_228468347583618_600485204_n.jpg20161127_142517.jpg15226449_228441130919673_934546364_n.jpg
第1回亀仙人と行く尾道俳句吟行会☆無事終了

去る2016年11月27日(日)、俳人にあいにくは無し!ということで・・・雨の中・・・
第1回目の三景園吟行句会を、無事開催終了致しました。
主催者・幹事の亀 仙人、アドバイザーの巫 依子他、4名の一般参加の皆様のご参加を頂き、
本当にありがとうございました。
またこの度は、珍しくも小学5年生のお嬢さん含めご家族にての参加もあり・・・
大変にアットホームな楽しいひと時となりましたこと、この場をかりてあらためてお礼申し上げます。
しかして、初吟行にして皆さんそれぞれに8句も作られたのは上出来でした!!
机上の頭で作った句と違って、生き生きとした素敵な句がたくさん誕生していましたね♪

それでは、早速にそれぞれの互選(お互いに句会で選んだ句)の一番句より、
ご紹介させて頂きたいと思います。

マリーみょんみ選
秋時雨寒さ忘れてはしゃぎゆく 笑子
寒くてもそれぐらい楽しかったんだなぁ〜と。

尾ノ吉選
色かへぬ松にひとひら散紅葉 依子
情景が浮かぶ。松の緑に赤がポッとしているのがよくわかる。

光 笑子選
雨もよし豪快滝や紅葉谷 亀 仙人
雨だからこその滝の勢いと紅葉谷の美しさが豪快に・・・ダイレクトに伝わってくる。
添削例)雨もよし滝豪快や紅葉谷

彩実子選
かも泳ぐ二羽でなかよしうらやまし みょんみ
仲良しの二羽がいいなーと思ってしまう。
添削例)残る鴨二羽で泳ぐもうらやまし

亀 仙人選
濡れ色のワインレッドに散紅葉 依子
紅とか赤とか云わずに雨に濡れているからこその色をワインレッドというところがいい。

巫 依子選
むしくいのかおの形にもみじかな 彩実子
拾った紅葉の葉が虫食いに・・・まるで顔の形だ・・・素直な発見がいい。
作者は小学5年生の女の子でした♪

15211723_228476897582763_2107483275_n.jpg photo by 光 笑子

次に、それぞれの本日の一句をご紹介しますね。

マリーみょんみ
空港で牡蠣の釜飯おいしいな
三景園は広島空港に隣接。牡蠣の釜飯とは広島ならでは・・素直な一句ですね。

尾ノ吉
静かなる湖面に映えるもみじかな
水に映った紅葉も本当に綺麗でしたね。でも「湖」だと三景園らしさが・・・。
添削例)静かなる水面に映ゆる紅葉かな

光 笑子
観月亭見渡す景色冬うらら
三景園の中には色々な東屋がありましたね。その一番高い所よりの一句らしいですね。
添削例)観月亭より見渡すも冬うらら

亀 仙人
石段をどんぐり踏みし下駄の音
俳句は着物で!ということで・・・お着物に鳶コート姿がよくお似合いでしたね。
そんな亀仙人さんを私も詠んでみましたよ(笑)

巫 依子
濡れそぼつ散紅葉ゆく男下駄
推敲例)降りそぼつ散紅葉ゆく男下駄

15218483_228485857581867_1736867463_n.jpg photo by 光 笑子

吟行の時は、限られた時間の中で句を作らなければいけないので、
ベテランの先生方でも、漢字を間違ったり・・・
アレ?季語が入っていない・・・
ということが起こりがちです。
そういう句を、あとでゆっくり再検討することを推敲(すいこう)と云います。

今回は、初の吟行会にしてまさかまさかの雨に降られてしまいましたが・・・
この日にしか出会えない・・・花嫁さんの撮影風景に遭遇したり・・・
これらの他にも、キラキラとしたいい句がいっぱいで、嬉しいばかりでした。
すべて紹介できずごめんなさい。

して、初めてなのに勇気の初参加をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
では、最後に皆さんとのショットを♪♪♪

15240191_228469070916879_1542745459_n.jpg 三景園吟行.png 15218724_228468227583630_1589239346_n.jpg

次回こちらの吟行会の開催は・・・
2017年1月8日(日)尾道西国寺にて「初薬師」火渡り神事です♪
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にご参加下さい★☆★
posted by Senju at 00:28| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2016年11月05日

亀仙人と行く尾道俳句吟行会へのお誘い

14632814_1814594135452271_7024868260737058922_n.jpg 14671217_1814594168785601_1571240777043465326_n.jpg 
亀仙人と行く尾道俳句吟行会へのお誘い

奇数月に1回、俳句吟行会を開催していくことになりました。
俳句初心者大歓迎です。
大人の遠足気分で気軽にご参加下さい。

第一回

紅葉のきれいな広島空港三景園

場所 三景園吟行 

句会 三景園内潮見亭

14718585_1814594178785600_8601927164213685227_n.jpg

時 11月27日(日曜日)

時間10時〜16時 三景園現地集合
        (※尾道から行く方は、亀仙人車に同乗可能)

筆記道具・句帳(ノートでも可)・歳時記(ネットでも見れます)

会費  2000円 三景園入場料、潮見亭お茶代含む

アドバイザー 俳人  巫 依子
主催責任者 亀仙人 河口 知明
お問い合わせ 09033721479             


                                                                        10660166_1048030105311272_8691452353045769024_n.jpg


posted by Senju at 17:26| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2016年10月21日

第14回じゃこむすびの会★句会報

20140619_193405.jpg
第14回じゃこむすびの会★句会報

2016年10月20日(木)、
第14回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
今回は、欠席・出席共に初参加の女性がそれぞれ加わってくださったお陰様で、
大変に句の幅に広がりがあり、参加者の恒例メンバーにとっても良い刺激となりました♪
やはりより多くの方に参加頂いてこその面白みを実感した次第です。
今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第14回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

20161020_201132.jpg ※欠席のたけさんに代わり蜘蛛さんが釘彫り
金賞(12点) 故郷のえだ豆二分長く茹で たけ
初参加にして堂々金賞に選ばれました!!
              
銀賞(7点)     お向かひも空き家となりぬ秋夕焼 たけ

銀賞(7点)    秋空に一筋向かう登窯 亀仙人
       添削例)秋空へ向かふ一筋登り窯

銀賞(7点)     秋灯のひとつは島へ帰る船 依子
       「しゅうとう」と読みます。

※銀賞句は今回3句が同点句につき、銅賞は省略します。

続きましては、参加者の互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
故郷の枝豆2分長く茹で  たけ
故郷のことを色々思い出してしまって2分長く茹でてしまったのかな・・・。
そこには、ふるさとの両親がなかなか手がまわらず枝豆が固くなってしまったのかななんて想像も。

亀仙人 選 
お向かひも空き家となりぬ秋夕焼  たけ
この辺りでよくある景。秋夕焼が淋しい中にも明るさがある・・・。

茜 蜘蛛 選 
さや割れて飛んだ枝豆一人旅   けると
プチッとやってコロンコロンと枝豆も旅をしたみたい・・・。
添削例)「一人旅」を「旅ひとり」にすると、枝豆ではなく作者の独り感が増す。どっちが作者の意かな。

依子 選 
故郷の枝豆二分長く茹で   たけ
故郷の枝豆は、普通にスーパーで売られているものよりもしっかりしていて、ちょうど2分長く茹でないといけないのよねー。それをわかっている作者の嬉しさ懐かしさを表現。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

野の風が金木犀を運ぶなり 亀仙人
添削例)〜がに対しては、運びをりの方がしっくりくるかな。

初めての運動会に涙ぐむ えや

秋刀魚焼くあぶらの音でまず一献 けると
添削例)秋刀魚焼くあぶらの音にまず一献

朝寒や一人薄布たぐる指 茜 蜘蛛

灯台と月の語らひいつまでも 依子

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾さんの店内に飾っていっております♪
また最近は・・・
20161020_201229.jpg
【盃に金賞句を釘彫り】しております★★★

もちろん優勝句でなくとも、記念に自作の句を釘彫りすることも可能♪♪♪

俳句(句会)は、大人の遊びにもってこいだと思います!!
まだまだみんなであそぼ5・7・5(笑)★★★

次なる第15回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2016年12月15日(木)です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)

posted by Senju at 10:32| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2016年10月18日

第13回じゃこむすびの会★句会報

20140619_193405.jpg
第13回じゃこむすびの会★句会報

2016年8月18日(木)、
第13回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
最近私の開催告知並び句会報が遅く・・・
新規メンバーの受け入れ態勢が厳しく、仲間の皆さんには大変ご迷惑をおかけしております。
しかして、そんななか恒例メンバーの皆様のご参加にはほんまに感謝しております。
今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第13回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

14068145_988282054622414_41476499485910911_n.jpg
金賞(10点) 茂る草刈ってひと雨草茂る えや
初回からの参加で着々と力をつけている感発揮の一句です!!

銀賞(10点)     白砂に影の魚のはしる午 けると
※金賞句と同点句ではありましたが、無季語につき、次点とさせて頂きました。
              
銀賞(9点)     盆の膳供へる母の背もまるく けると

続きましては、互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
夕立に降られて笑顔の若さかな  けると
気恥ずかしいぐらいの感じ。青い感じ。キャッていう女子を感じる。
添削例)降られての「て」はいらないかな。

亀仙人 選 
白砂に影の魚のはしる午 けると
漁港の風景。干物用の魚が籠に入ったその影が白砂に・・・?食べるのが好き。

けると 選 
再会のあとのひとりの夜涼かな 依子
ワイワイするのはその時は楽しいんだけど、みんなと会った熱気のあとのだからこその雰囲気がありありと。
賑やかさに相対するところが琴線に触れた。

依子 選 
盆の膳供へる母の背もまるく けると
ご先祖の為に色々と供えられたお膳…お饅頭や丸いものもいっぱいのっているのかな。
そんなお膳を供えている母の背が、あらためて丸くなったと実感している作者。
母の背もの「も」が、「盆の膳」にかかり…やはり季語が効いている。

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

ポケモンや滴る汗が楽しけり 亀仙人
添削例)「や」〜「けり」は避けましょう。ポケモンに滴る汗も楽しかり

まだくれとラムネの音もせがまれる  えや

乗り継ぎを誤り汗ふく旅の駅 けると
添削例)乗り継ぎを違え汗ふく旅の駅

三重の塔のだんまり花火の夜 依子

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪
また最近は・・・
13938393_988282117955741_8277945306170277103_n.jpg
【盃に金賞句を釘彫り】することに★★★
仕上がりが楽しみです♪♪

そして、次なる第14回じゃこむすびの会の開催は。。。
今週2016年10月20日(木)です。
その季節の季語(歳時記参照)の入った句を5句作って来て下さい♪♪♪♪♪
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

参加ご希望の方は。。。
TEL 0848・46・6287
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
(※件名に「じゃこむすび」と入れて下さい)

posted by Senju at 16:11| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2016年08月16日

第12回じゃこむすびの会☆句会報

20140619_193405.jpg

第12回じゃこむすびの会☆句会報
句会報が大変大変遅くなり失礼致しました。。。2016年6月16日(木)、
第12回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
最近私の開催告知並び句会報が遅く・・・
新規メンバーの受け入れ態勢が厳しく、仲間の皆さんには大変ご迷惑をおかけしております。
しかして、そんななか恒例メンバーの皆様のご参加にはほんまに感謝しております。
今回も、参加者の皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第12回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(6点) 梅雨空に肌着も恋も生乾き ケルト
関西からの欠席投句ながら・・・連続金賞を果たすケルト氏!男性陣に人気句でした。

銀賞(3点)     雨蛙しっかと広げた手のひら えや
              
銀賞(3点)     早よ採れと梅の実ぽとり転びたり ケルト

続きましては、互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
梅雨空に肌着も恋も生乾き  ケルト
生乾きっていうのがいい!くさいんだろうなぁ〜。匂いが出てきそうな。
自分の若かった頃ってそんな感じだったな・・。

亀仙人 選 
梅雨空に肌着も恋も生乾き ケルト
生乾き・・若かったら乾いてるんじゃないか。歳だから生乾き。
もっといけよーうじうじネガティブと思いながらもいい句だな。

依子 選 
雨蛙しっかと広げた手のひら えや
存在の確かさ!中7〜下5にかけての破調(575のリズムが崩れている)のも、個性的でいい!

続きまして、参加者の本日の一句をご紹介☆

コスプレとひとひとひとの夏コミケ 亀仙人
添削例)コスプレのひとひとひとの夏コミケ

評判の甘い香りに並ぶ蟻  えや

雨の夜の添い寝の共に夏蜜柑  ケルト

この町に血縁のなく月涼し 依子

そして、去る7月1日にはなんと!10周年を迎えられた壱六拾さん♪
13557790_954292084688078_699730283188635133_n.jpg13439184_954292114688075_3103304574565614569_n.jpg
いつも本当に有難うございます!!
まだまだじゃこむすびの会の為にも頑張って下さい♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪
また前回からは・・・
【盃に金賞句を釘彫り】することに★★★
仕上がりが楽しみです♪♪

そして、次なる第13回じゃこむすびの開催は。。。
なんと!!今夜
                       
2016年8月18日(木)です。
初心者・飛び込み大歓迎の会ですので、お気軽にどうぞ♪

posted by Senju at 23:16| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2016年06月14日

第11回じゃこむすびの会★報

20140619_193405.jpg
第11回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が大変大変遅くなり失礼致しました。。。2016年4月21日(水)、
第11回俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
こじんまりとした句会ではありましたが、
初心者ならではの生き生きとした句も多く・・・楽しい句会でありました。
今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第11回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(9点) 満開の陰に若葉の出番待ち ケルト
10671306_783789978404957_3539297709267919283_n.jpg←関西からの欠席投句ながら密かに好成績のケルト氏♪
今回も、こにくい表現を効かした一句で見事金賞でした☆☆☆☆☆

銀賞(7点)     春の道ひと朝ごとに色重ね ケルト
              
銅賞(6点)     走り過ぎまた走り過ぎ花の過ぎ 依子

続きましては、互選の一番句の発表です☆☆☆

えや 選 
天仰ぐばかりのひとつ紅牡丹  依子
絵が出て来るののはもちろんなんですが、中7のところがさびしいなぁーで、
どーんときた紅牡丹、抑揚がある一句。

礼佳 選 
走り過ぎまた走り過ぎ花の過ぎ 依子
ゴロがいいので。走り過ぎているうちに春が過ぎたのかな。

依子 選 
満開の陰に若葉の出番待ち ケルト
あえて桜を詠まず、次なる若葉に視点を合わせているのがユニーク。

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

石を投げおたまじゃくしの花が咲く えや

春一番白紙にすべて吹き飛ばす 礼佳
添削例)春一番すべて白紙に戻りけり

色人と華やぐ春をおわりけり 亀仙人
添削例1)色人に華やぎ春の終りけり
添削例2)色人と華やぐ春を惜しみけり

朝陽射す野にただひとつ胡蝶舞ふ ケルト

震災で流した涙さがり藤 壱六拾
添削例)震災で→震災に

土くれに一句彫るべく花の昼 依子

そして、来たる7月1日にはなんと!10周年を迎える壱六拾さん♪
いつもほんまに有難うございま〜す♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、これまで一番人気句に選ばれた句を、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪

20150820_184557.jpg


また、この回からは【盃に金賞句を釘彫り】することに★★★
仕上がりが楽しみです♪♪♪
                         
第12回のじゃこむすびの会の開催は。。。
2016年6月16日(木)の開催です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 00:08| ◆気ままに十七音

2016年04月15日

第11回じゃこむすびの会☆参加募集

20140619_193405.jpg
俳句で遊ぼ5・7・5『じゃこむすびの会』☆参加者募集
私は、『知音(ちいん)』という俳句結社に所属して俳句を作っているのですが、
2014の4月より隔月1回ペースで、句会を兼ねたお食事会を開催しております♪
その名も『じゃこむすびの会』です(笑)
また、尾道でご活躍中の陶芸家 惠谷幸史先生にもご協力頂き、
その月の句会で1番人気点を稼いだ句につきましては、なんと!!
お皿に句を焼き付け、尾道の居酒屋壱六拾さんの店内に飾って来て頂いております♪
20150820_184557.jpg
ところが、2年経ち・・・お皿を飾るスペースもそこそこ埋まって来、
どうしたものかと思っておりましたところ・・・
参加者のお一人亀仙人さんからのご提案により。。。
この度より、受賞句は陶器に釘彫りして残していくことになりました。

「釘彫り」というのは、もともとは歌人で尼僧でもあられた蓮月(れんげつ)という方が、
ご自分の歌を自作の陶器に彫り、生計の為販売したところ・・・
京土産として有名になったものだそうです。

20160404_214537.jpg

その功徳にあやかるべく・・・
私達も自身の句を釘彫りで残していくことになりました。

俳句初心者大歓迎の集いです。又、参加は、1回毎の参加受付ですので、
どうぞお気軽にご参加下さい☆☆☆
俳句を通して。。。色んな職種の方と交友を深められたら嬉しいです♪♪♪
つきましては、詳細は以下の通りです。

◎開催日時 基本第3木曜の19時スタート
      第11回目 2016年4月21日(木)19時

◎開催場所 居酒屋 壱六拾(いちろくじゅう)
          〒722-0045
                       尾道市久保1-6-10
           TEL 0848-37-1610

◎持ち物 筆記用具・電子辞書(広辞苑)・歳時記
       ※その季節の「季語」が入った句を5句
          当季雑詠。電子辞書・歳時記は初回なくても大丈夫です。

◎参加費用 2500円(※別途飲み物代)
                 欠席投句500円(※事前振込)

◎参加申し込み 前日の夜迄にお電話又はメール
     TEL 0848-46-6287
       
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
             (※件名に「じゃこむすびの会」と入れて下さい。


                           20140312_001201.jpg
posted by Senju at 22:13| ◆気ままに十七音

2016年03月18日

俳人としての足あと

2016-03-18 08.49.31.jpg 20160317_180636.jpg

俳人としての足あと

句歴16年・・・
尾道がただ好きで、尾道の景をただ詠み残したくて、単身移住してきたのが、
かれこれ9年前・・・。
この度、尾道で大変歴史ある【尾道文化】という冊子に、俳人 巫 依子として、
『海へ』と題する5句を掲載頂くご縁に恵まれました♪♪♪



   海へ   巫 依子

 この町の小さきを愛し冬桜

  まだ旅行者だった頃、妙宣寺の冬桜を観る為だけに旅行に来たことも。

 春風に髪を靡かせ渡船待つ

  尾道へ移住前、初の尾道俳句まつりに入選した思い出の一句。

 つらなれる島つらなれる灯の涼し

  尾道の町の投句ポストに投函した句が入選。山陽日日新聞に掲載頂きました。

 本堂の海へ開かれ盆の月

  大好きな瀬戸田の光明坊さんにお盆に泊めて頂いた折の一句。

 望の夜のもはや最後の船も出て

  望の夜とは仲秋の名月の夜。師に鑑賞を頂いた記念の一句。
  http://aroma-senju.com/article/61744595.html



こちらの著書は、今月尾道の本屋さんにて発売されるようです。
尾道に小さな小さな足あとを残せたようで、とっても嬉しいばかりです。。。

              20160317_182225.jpg



posted by Senju at 17:29| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2016年03月17日

第10回じゃこむすびの会☆報

20140619_193405.jpg
第10回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が大変大変遅くなり失礼致しました。。。
第10回は、壱六拾さんのご都合で特別に水曜日の2
015年12月16日(水)、

俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」無事開催終了致しました。
この日は、4人だけのこじんまりとした句会ではありましたが、
本当に俳句の良さをわかってくださる方にお集まり頂き・・・の嬉しい感な句会でありました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第10回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(10点) まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら えや
12744226_973721306042533_641331309090509337_n.jpg←いつも会のお皿を焼いて下さっている陶芸家の惠谷さん♪
今回は、可愛らしいお子さんを詠まれての初の金賞でした☆☆☆☆☆

銀賞(7点)     疲れとるホッと一息柚子の風呂 典生
              
銅賞(6点)     例年の如く木枯吹く財布 えや

続きましては、互選の一番句の発表です☆☆☆

亀仙人 選 
まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら  えや

えや 選 
極月の女口数減りにけり 依子

典生 選 
例年の如く木枯吹く財布 えや

依子 選 
まんまるの蕪のやうに肥ゆる子ら えや

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

酉の市白い短冊揺れる縄 亀仙人

マフラーに隠れた顔の火照る君 えや

飛んでくる冬鳥空に白い胸 典生

冬ぬくし窓のサンタも涙顔 依子

そして、年末でお忙しい中・・・
愛いっぱいに仲間をもてなして下さった壱六拾さん♪
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思っております。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪

20150820_184557.jpg


もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
                         
第11回のじゃこむすびの会の開催は。。。
主催者の都合により1回飛びましての…
2016年4月21日(木)の開催です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 22:11| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2015年12月31日

2015年☆感謝

120090115141737.jpg 剃刀の刃(やいば)に海の匂ふ冬 依子

2015年がまもなく終わろうとしています。。。
皆様にとりまして、今年はどんな1年でしたでしょうか?
私にとっては、年頭から怒涛の日々で…
今年は今までになく…身体的にも精神的にもしんどい年でありました。
勿論、それとて自らが招いたことなんですがね。
また生まれてはじめて手術・入院というものを経験し・・・
でもそのお陰様で、多くの方との愛ある繋がりも実感させて頂き、
また、自分自身にとっても、エゴの力だけではどうにもならないことがあることを知り、
ある意味肩の力が抜けたというか・・・
最近は、「表情が優しくなりましたね」と、言われることが増えました(笑)

また、飲食業という新しく異分野に参入したことで、
どんな世界も、とり組む姿勢と目指すべきところは同じであること、
その能力とその可能性とその限界にも気づきがありました。
結局、洗練されたカンを得ることは、積み重ねなくしてはなかなかに厳しく、
続けられることも、ひとつの才能なんでしょうね。

身体はしょせんひとりにひとつしか与えられていませんしね。

そういう意味で、自分の欲張りさからあちこちにご迷惑をおかけしたことも、
この場を借りてお詫びしたいと思います。。。

そうは言っても、一度きりの人生!
来年も、身も心もしなやかに♪健やかに(^−^;
一歩を一歩を楽しみながら・・・私なりの道を歩んでいけたらと思っております。

2015年すべての出会いに感謝☆
posted by Senju at 13:51| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2015年12月15日

第9回じゃこむすび会☆句会報

20140619_193405.jpg
第9回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が遅くなり失礼しました。。。
2
015年10月15日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、

俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」第9回目が、無事開催終了致しました。
今回は、こじんまり・・・計25句による句会とあいなりました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第9回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(9点) 太刀魚に柚子の一滴香り立つ 亀仙人
12088275_811770322273589_4519623465712527257_n.jpg

銀賞(7点)     道すがらすだちもぎとり鍋に舞う えや
              舞う→舞ふ
銀賞(7点)     コスモス畑父の背中小さく見ゆ まつ
           父→親父

銀賞(7点)     回遊魚みたいな男秋うらら 依子


今回は、亀仙人さんがめきめきと俳句のコツを掴んで?の金賞でした(笑)
続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆

亀仙人 選 
隣家から香り漂う金木犀  まつ
漂う→漂ふ

えや 選 
虫の音も満月の夜らしくなり 依子

まつ 選 
秋の蚊の鈍い動きに身を重ね えや

依子 選 
太刀魚に柚子の一滴香り立つ 亀仙人

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

坂道に灯かりのともる秋の宵 亀仙人

赤とんぼ空とほほまで同じ色 えや
ほほ→頬

ベッチャー祭鬼の正体同級生 まつ

嫁ぐ朝父の胸元飾る秋 壱六拾
秋→具体的に「薔薇」とか言った方がいいような・・・。

木犀の香を招き入れカフェの朝 依子

そして、いつも今回も・・・
愛いっぱいに仲間をもてなして下さる壱六拾さん♪
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思います。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪(掲載画像より)

もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
                         
第10回のじゃこむすびの会の開催は。。。
お店の都合で変則的に水曜になり
2015年12月16日(水)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪

posted by Senju at 12:03| ◆気ままに十七音

2015年10月11日

第8回じゃこむすびの会★句会報

20150820_184557.jpg20140619_193405.jpg20150820_184607.jpg
第8回じゃこむすびの会☆句会報

句会報が遅くなり失礼しました。。。
2
015年8月20日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、

俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」第8回目が、無事開催終了致しました。
今回は、お初参加の方もおられ・・・また、大阪の地よりこの会では既に馴染みに
なりつつある旧友も出席してくれ、計30句による句会とあいなりました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第8回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(10点) 我ひとり蛙の声と遠花火 ケルト
20150820_205349.jpg

銀賞(8点)     野良猫に餌やる我も蚤のえさ ケルト

銅賞(7点)    秋の朝子を引き寄せてまぶた落つ  えや

今回も、前回に引き続きケルト氏に上位得点句の座を奪われてしまいました(笑)
続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆

ケルト 選 法師蝉の鳴き声と「つくづく」と言う表現が響き合っている
法師蝉つくづく阿呆な女とも  依子

えや 選 月明りの中、蝉の生まれる景が目に浮かぶ
案ずるなと蝉の子包む月明り  ケルト
案ずるなとの「と」は省略できるかも

おおさん 選 景が浮かぶ
我ひとり蛙の声と遠花火 ケルト

依子 選 聴覚で捉えた近景の闇に響く蛙の声と、視覚で捉えた遠景の花火のコントラストがいいな
我ひとり蛙の声と遠花火 ケルト

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

夏酒も恋もはじめは清かなり ケルト
夏酒→具体的に…冷酒とか…

忘れられぬ香水の名と焼けた肌 えや

音だけで聞く花火でも風情あり おおさん
でも→また

アジサイとせみのどちらが早起きか はなもと

みちのく路関越へ険し雲の峰 壱六拾
願う→願ふ

ただ燃ゆることのみに燃え花カンナ 依子

そして、いつも今回も・・・
お値段に見合わない豪勢なお料理でもって、仲間をもてなして下さる壱六拾さん♪
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思います。
句会の後、句を通して色々お話するのもまた楽しいひと時です。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪(掲載画像より)

もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
私もしっかり♪
20150820_204731.jpg
                         
第9回のじゃこむすびの会の開催は、2015年10月15日(木)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪
これを機会に、尾道への小旅行もお待ちしておりまっす♪(笑)

posted by Senju at 15:00| Comment(2) | ◆気ままに十七音

2015年06月19日

第7回じゃこむすびの会☆句会報

20140619_193405.jpg
第7回じゃこむすびの会☆句会報
2015年6月18日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、久しぶりの…
俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」第7回目が、無事開催終了致しました。
今回は、私の勝手多忙事情により、ギリギリ前日のお誘いだったにも関わらず…
お初参加の方が4名も参加くださり、
また、大阪の地よりこの会では既に馴染みに
なりつつある旧友も欠席投句をしてくれ、計40句による句会とあいなりました。
そして今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第7回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(10点) 一条の光ほたるの一人舞 ケルト
11053614_750560845061204_9050039891356354934_n.jpg

銀賞(8点)     雨の中ただゆっくりとかたつむり えや
銀賞(8点)    対岸の別れし街も梅雨の中  ケルト

今回は、見事欠席投句のケルト氏に上位得点句の座を奪われ、
参加者の皆さんからは、「ずるいー」の声も…(笑)
続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆

えや 選 渡船をいつも利用しているので、景が浮かぶ…。まさかケルちゃんの句とは!!
対岸の別れし街も梅雨の中  ケルト

亀仙人 選 あ〜もう蛍の時期だなぁ〜と。
一条の光ほたるの一人舞  ケルト

国西 選 蛍は本来群れ飛んでいるものだけれど、これは敢えてその中の一匹に注目か。
一条の光ほたるの一人舞 ケルト

拙夫 選 まさしく・・・。尾道ならではの句。
名は体をあらわさぬ花除虫菊 えや
あらわさぬ→あらはさぬ

りんご 選 自然界の循環を捉えているなぁ〜。
花菖蒲愛し愛でられ土に帰す 拙夫

依子 選 明易に猫ときて、孤独な様を感じる。
猫の息耳さわさわと明易し 
国西

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

ひとりより気のあう友と安ビール えや
気の合う→合ふ

五月雨につどいし傘はみな同じ 亀仙人
集いし→集ひし

苔の花踏まれてもなお花たたみ 国西
なお→なほ

蛍見のぽわりほわりと銀河かな 拙夫

水無月に願う気持ちは届くかな りんご
願う→願ふ

梅雨晴れの路上に散りたる恋蛙 ケルト

露草の容姿は雅に老いた母 壱六拾
老いた→老いし

紫陽花の今日は海より海の色 依子

そして、いつも今回も・・・
お値段に見合わない豪勢なお料理でもって、仲間をもてなして下さる壱六拾さん♪

11535901_750561078394514_6149439324263348739_n.jpg

今回も、ハモしゃぶにタコしゃぶに…めいっぱい!!
ほんまにほんまに有難うございましたぁ〜♪♪♪

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
また俳句は、ひとりで作り続けるものでもなく・・・
やっぱり「座の文芸」だなと思います。
今回も大変ユニークなメンバーに集って頂きましたこと、大変感謝です☆
そして、何より句のよしあしも、最終は選ぶ人の好みによります♪
でも、自分の句が、ひとりよがりに終わらず…誰かに認めて貰えた時、
その喜びに
は、なんとも言い難いものがあります♪
会場では、句を発表するだけでなく、お互いの句からの想像をみんなで話題にして楽しみます。
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪

この会では、一番人気句に選ばれた句は、陶皿に焼きつけ・・・
会場でもある壱六拾の店内に飾っていっております♪
今回の一番句は、欠席投句者ケルト氏の一句だったので、えやさんが代筆にて。
11425824_750561001727855_8943135967185257809_n.jpg
もちろん選ばれなかった人も、記念に自分の句をお皿に描くこともできます♪
私も今回もしっかり♪
                         
第8回のじゃこむすびの会の開催は、2015年8月20日(木)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪
これを機会に、尾道への小旅行もお待ちしておりまっす♪(笑)

posted by Senju at 23:27| ◆気ままに十七音

2015年03月14日

第3回シトラスの会☆吟行報

20150308_112550.jpg
シトラスの会in百島☆第3回無事終了
ご縁あって。。。2014年の11月より、2ヶ月に1回奇数月の第2日曜日は、
尾道の離島、百島(ももしま)を吟行しています♪
先日2015年3月8日も、お陰様で無事開催終了致しました。
前回に引き続きわざわざ大阪から参加してくださった…
骨失公(ボンレスハム)さんと二人、好天の長閑な百島をゆったりと散策して来ました。

20150308_123908.jpg20150308_122847.jpg20150308_121829.jpg20150308_120404.jpg
子ども時代尾道に暮らしておられた骨失公さんにとって、百島は良き遊び場だったとか・・♪
道中、島民の方々にも「今度は苺食べ放題にさせちゃるけ〜うちの苺を句に詠んでくれや〜」等
お声をかけて頂きながら(笑)…目的地もなくプラプラと…
島の旺盛な生命力を感じながら歩くひと時は、日々色んなことがあっても、ほんまに心身
満たされていくような…心地よいひと時でありました。

余談ですが、アロマもハーブも本来この自然の恵みなんだなぁとあらためて実感♪

そして今回は、2人だけでしたので、句会は叶いませんでしたが…
それぞれに詠んだ10句より、お互いに1番句に選んだ句と、自薦の1句をご紹介します☆

骨失公 選 百風号(新しい渡船)がまさに過ぎたあとの波をまのあたりにしたので。
 百風号過ぎし春潮怒涛めき 依子

依子 選 ドラマを感じる。
夜明け前堤を越えて磯遊び 骨失公
                                      20150308_111449.jpg

本日の一句☆

 春の海見渡す限りあぶらなぎ 骨失公

 菜の花の明るき島の日曜日 依子


また今回、百島在住の…センジュのお客様でもあるTさんが、
私達の為に、手作りカレーをご用意して待っていて下さいました♪
                                       20150308_131159.jpg
ほんまに有難いばかり・・・。
私は、ほんまに多くの方に支えて頂いていることを、つくづく実感させて頂いております。
  
次回は2015年5月10日(日)の開催です。。。
一緒に大人の遠足気分に百島讃歌をしながら歩んで頂ける…
是非ともまた良き吟行仲間にも恵まれますように☆★☆★☆★☆
posted by Senju at 00:57| Comment(4) | ◆気ままに十七音

2015年03月04日

第3回シトラスの会☆参加募集

IMG_2571.JPG
シトラスの会in百島☆参加募集
私は、アロマテラピーの仕事をする傍ら20代の頃より。。。
『知音(ちいん)』という俳句結社に所属し、
巫 依子kannagi yoriko という名で俳句を作っています。
かれこれ8年前には、尾道の景観を色々と俳句に残せたらとの想いから、
大阪から尾道へと移住して来ました。
また、2014年4月からは念願の一期一会句会『じゃこむすびの会』もスタート♪
(※詳細http://aroma-senju.com/article/90212128.html
また2014年11月より、百島(ももしま)の吟行シリーズを継続中♪
奇数月の第2日曜日に開催です。
大人の遠足気分で、楽しく継続していけたらと思っております。
俳句未経験者大歓迎の会です。
四季折々の百島散策をご一緒に如何でしょうか?
参加は、1回毎の参加でもOKです♪

◎開催日時 2015年3月8日(日)
◎集合 福田港10時集合
◎持ち物 筆記用具・俳句用手帳・歳時記
◎参加費用 当面は交通費並び飲食代のみ
◎参加申し込み 前日の夜迄にお電話又はメール
     TEL 0848-46-6287

       e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
             (※件名に「シトラスの会」と入れて下さい。)
posted by Senju at 13:42| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2015年02月20日

第6回じゃこむすびの会☆句会報

20150219_190438.jpg
第6回じゃこむすびの会☆句会報
2015年2月19日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、今年最初の…
俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」の第6回目が、無事開催終了致しました。
今回は、固定メンバーとなりつつある私ほか3名の出席者に、
いつもこのブログでアップされる美味しそうなお料理に惹かれて…と、
この度初参加して下さった1名+欠席投句者1名の、計30句による選となりました。
そしてまた今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
(※主宰がいる場合は参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第6回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆

金賞(10点) 布団から出られぬ様を句に詠 尾句良(おくら)

銀賞(8点)     乗り慣れぬ新幹線を降りる春 えや

銅賞(6点)    厳寒をのりこえ甘くなったかぶ  尾句良
銅賞(6点)    行き着けば湯豆腐 参遍(マイペン)

続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆

えや 選 体感に共感できる…。
布団から出られぬ様を句に詠  尾句良

深恵 選 自分も今朝、布団の中で句会に持っていく句を考えていたので…。
布団から出られぬ様を句に詠  尾句良

まっちゃん 選 前向きな明るい感じがいいな…。
夢いだき弥生吉日巣立ちの日 深惠
いだき→「抱き」の方が…。

尾句良 選 今日の句の中でなんか一番面白いと思った…。
恋猫も呆れるほどの我の恋 依子

依子 選 日頃は遠出をしない人も動き出したくなるのが春♪
乗り慣れぬ新幹線を降りる春 えや

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

満面の笑みで薄氷かざす子ら えや
笑み「で」→笑み「に」、子ら→子「等」の方が…。

まぶしい日雉飛ぶ姿聴きながら 深惠
視覚で捉えたところを詠むか聴覚で捉えたところを詠むか…焦点を…。

閑古鳥鳴いても笑えもう春だ 尾句良

神明祭ダルマを買って幸願う まっちゃん
幸願う→願ふ幸、の方が…。

寒稽古ももう終り 参遍

新しき夢への歩み梅白し 依子

そして、今回「句ができんかった〜」とおっしゃりつつも・・・またしても!!
お値段に見合わない豪勢なお料理でもって、私達をもてなして下さった壱六拾さん♪

20150219_190345.jpg20150219_190356.jpg20150219_210120.jpg

今回も、肉厚とり貝にタコしゃぶに…ほんまにほんまに美味しかったですぅ〜♪♪♪
いつもありがとうございます☆☆☆

俳句は、とにかく季語を入れて5・7・5にすれば、ひとまず形になります♪
その句のよしあしも、最終は選ぶ人の好みによります♪
でも、自分の句が、ひとりよがりに終わらず…誰かに認めて貰えた時、
その喜びに
は、なんとも言い難いものがあります♪
いきなり、上手な句を詠もうとせず(笑)…まずは気軽に参加してみて下さい♪♪♪
                          
第7回のじゃこむすびの会の開催は、2015年4月16日(木)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪
これを機会に、尾道への小旅行もお待ちしておりまっす♪(笑)

posted by Senju at 15:04| Comment(4) | ◆気ままに十七音

2015年02月16日

第6回じゃこむすびの会☆参加者募集

20140417_180635.jpg
俳句で遊ぼ5・7・5『じゃこむすびの会』☆参加者募集
私は、『知音(ちいん)』という俳句結社に所属して俳句を作っているのですが、
昨年の4月より隔月1回ペースで、句会を兼ねたお食事会を開催しております♪
その名も『じゃこむすびの会』です(笑)
また、尾道でご活躍中の陶芸家 惠谷幸史先生にもご協力頂き、
その月の句会で1番人気点を稼いだ句につきましては、なんと!!
お皿に句を焼き付け、尾道の居酒屋壱六拾さんの店内に飾って頂いております♪
20141012165453.jpg※第1回第2回金賞受賞句
俳句初心者大歓迎の集いです。又、参加は、1回毎の参加受付ですので、
どうぞお気軽にご参加下さい☆☆☆
俳句を通して。。。色んな職種の方と交友を深められたら嬉しいです♪♪♪
つきましては、詳細は以下の通りです。

◎開催日時 基本第3木曜の19時スタート
         第6回目 2015年2月19日(木)

◎開催場所 居酒屋 壱六拾(いちろくじゅう)
          〒722-0045
                       尾道市久保1-6-10
           TEL 0848-37-1610

◎持ち物 筆記用具・電子辞書(広辞苑)・歳時記
       ※その季節の「季語」が入った句を5句
          当季雑詠。電子辞書・歳時記は初回なくても大丈夫です。

◎参加費用 2500円(※別途飲み物代)
                 欠席投句500円(※事前振込)

◎参加申し込み 前日の夜迄にお電話又はメール
     TEL 0848-46-6287
       
e-mail aroma-senju@aroma-senju.sakura.ne.jp
             (※件名に「じゃこむすびの会」と入れて下さい。)

※第1回目の句会報はコチラhttp://aroma-senju.com/article/93389908.html
※第2回目の句会報はコチラhttp://aroma-senju.com/article/100355484.html
※第3回目の句会報はコチラhttp://aroma-senju.com/article/102650276.html
※第4回目の句会報はコチラhttp://aroma-senju.com/article/104714906.html
※第5回目の句会報はコチラhttp://aroma-senju.com/article/107122004.html

                           20140312_001201.jpg
posted by Senju at 08:42| ◆気ままに十七音

2015年01月24日

俳句王国がゆく

20150124_232359.jpg
俳句王国がゆくin佐賀県伊万里市
私が所属している俳句結社「知音(ちいん)俳句会」は、
珍しく二人代表制をしいておられ、
私には、俳句の師と呼ぶ方が二人います♪♪
そのうちのお一人、西村和子先生がこの度、NHKにて明日25日放送回
俳句王国がゆくという番組にて、選者として出演されます♪
放送は午後3時〜4時です。
この番組は、俳句を作る方が2チームに分かれ…俳句で勝敗を競うという、
ちょっと面白いスタイルの番組です。
是非、これまで「じゃこむすびの会」や「シトラスの会」にご参加くださった皆様にも、
ご覧頂けたらと思い、こちらでもお知らせさせて頂きます☆★☆★☆

番組詳細はコチラhttp://www.nhk.or.jp/haiku/

posted by Senju at 23:59| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2015年01月13日

第2回シトラスの会in百島☆句会報

20150111_103727.jpg
シトラスの会in百島☆第2回無事終了
ご縁あって。。。昨年の11月より、2ヶ月に1回奇数月の第2日曜日は、
尾道の離島、百島(ももしま)を吟行していくことに♪
1回目は、私ひとりでしたが…今回はなんと!!いきなり4名の仲間が♪♪♪♪
そのうち3名の方が一緒に吟行、他1名の方が遅れて句会だけ参加して下さいました。
ちなみにそのうちの1名には、「じゃこむすびの会」の方でもお馴染の…壱六拾さんも♪
更にそのうちの1名の方は、わざわざこの会の為にこの度なんと大阪から〜♪
そして、皆さん百島の民俗無形文化財にも指定されている『お弓神事』を見るのは、
勿論今回が初めて。私は、昨年と今年と連続拝見させて頂きましたが、
今年は暖かくて助かりました。
今年も昨年同様…始まりは長老様の太鼓より。
20150111_103812.jpg 
老若合わせ、島の男性陣15名の射手の皆さんが頑張っておられました。
しかして、的を得たご褒美が10円とあったのには驚きました!(笑)ご苦労様です。。。

それでは、今回の上位得点句からご紹介します☆☆☆
吟行者4名+句会だけ参加1名の、計25句による選です。
そしてまた今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。

  (9点)射始平和の島に笑い声 こみゆらむ
      添削例)弓始平和の島に笑ひ声
          射始を「いではじめ」と読ませるのは無理があるかな…。

  (9点)初弓に願を込める太鼓の音 骨失公(ぼんれすはむ)
     添削例)初弓に願ひを込めし矢を放ち
          
願いを込めるその焦点をハッキリさせた方が…。

  (9点)寒暁の船に眺むる港町 依子
      推敲例)寒暁の船より眺め港町
          
むむむむ…。

以上の3句が今回は同点句でした。
続きまして、それぞれが本日の1番句に選んだ句をご紹介します☆☆

骨失公 選 弓神事だけでは季語にならない?と思っていたところ、枇杷の花が効いている。
 百島の枇杷の花吹く弓神事 壱六拾(いちろくじゅう)
添削例)枇杷の花咲き百島の弓神事
     「吹く」「咲く」、吟行では慌ててしまいますが今後気をつけて下さい。

こみゆらむ 選 今日の感じがよく出ているなぁ。
 初弓に願いを込める太鼓の音 骨失公(ぼんれすはむ)

ヒロポン 選 景が目に浮かんだ。
 寒暁の船に眺むる港町 依子

壱六拾 選 震災など色々あって…平和・笑い声がいいなと思った。
 射始平和の島に笑い声 こみゆらむ

依子選 今日の場景を素直に句にしてはるなぁ。
 静けさに鳴り響くポン射場始 こみゆらむ

参加者の皆さんの本日の一句です☆

 初乗りや別れを惜しむフェリービンゴ 骨失公
添削例)初乗りに惜しむ別れやフェリービンゴ
    初乗りにして、もうすぐ廃船になるフェリービンゴを惜しむ気持ち・・・
    語順を入れ替えることでより際立ちませんか…。

 白たびの日本男子が的初 こみゆらむ
添削例)白足袋の日本男子的初
    漢字で書く方がキリッとしますね。日本男子と言い切ってしまうと、
    よりスッキリしませんか…。

 初打ちでパチンコ屋にやる落し玉 ヒロポン
添削例)初打ちのパチンコ屋にやるお年玉
    落した玉をあげるより、負けて悔しいがお年玉…の方が、
    初打ちの感じが出ませんか…。

 初弓や遥か室町今神事 壱六拾
  遥か室町今・・・までは素敵ですね。あと一歩の推敲を♪

 的始やうやう的に日の当り 依子

以上です。(※添削例はあくまでも参考までですので宜しくお願いします♪)
今回の参加者の皆さんも、俳句なんて小学校ぶり〜な方ばかりでしたが、
皆さんとっても気軽に楽しんで下さり、「また参加したいです!!」なんて声も聴け、
私としましては、ウッシッシな新年開幕のシトラスの会でありました♪(笑)
しかして一番驚いたのは、何度かじゃこむすびの会で経験を積んで来た壱六拾さんの
その上達ぶり!!!句会では、私の見落としたところもご指摘くださる程で、
今後がたのもしい尾道俳句仲間のお一人となりそうです。
また今回も、壱六拾さんには急遽句会場を提供して頂いた上に…
美味しい巻き寿司にお味噌汁までご用意頂き、ほんまに感謝するばかりです★★★
もちろん、その夜はそのまま壱六拾にて宴会が続いたことは言うまでもありません(笑)
ちなみに画像(右)は、その夜の肴「火星人の酢味噌あえ」♪
20150111_130117.jpg 20150111_132517.jpg 20150111_165006.jpg

次回は2015年3月8日(日)の開催ですが。。。
一緒に百島讃歌をしながら歩んでいける…
是非ともまた良き吟行仲間にも恵まれますように☆★☆★☆★☆


posted by Senju at 18:29| Comment(6) | ◆気ままに十七音

2015年01月06日

謹賀新年

DSC_0076-300x210.jpg 
我武者羅に生き急ぎ来て沙羅の花  依子
新年あけましておめでとうございます。
皆様、お正月はゆっくりお過ごしになられましたでしょうか?
私は、甥っ子姪っ子に囲まれ…今年も賑やかに新年を迎えさせて頂きました。
掲句は、昨年の夏…大阪でマッサージの学校の先生をしていた時の生徒さんが、
わざわざ尾道まで遊びに来てくれた際、一緒に尾道散策をしていて詠んだもの。
今年のプライベートな年賀状に添えた一句でもあります。
仕事柄、色んな方に出会わせて頂いていますが…ほんまに色んな人生がありますね。
私の人生、前半はただただ「我武者羅」に尽きる人生でした。(笑)
それでも、その時はそうしか生きられない自分がいて…
思いっきり笑って、思いっきり怒って、思いっきり泣いて、思いっきり愛して…
思いっきり痛い思いもして…(笑)
そうした日々をいっぱい句に詠み残し…今に到ります。
みんなそれぞれに「心」というセンサー(感受性)があるからこそ!!
生きているからこそ!!の人生の豊かさ。
時に、ひとり地獄の底を這うような日々があっても、それもまた…ね。(笑)
今年もまた色んな体験を面白がれる心に歩んでいけたらいいですね。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。。。
posted by Senju at 12:30| Comment(0) | ◆気ままに十七音

2014年12月19日

第5回じゃこむすびの会☆句会報

20140619_193405.jpg
第5回じゃこむすびの会☆句会報
2014年12月18日(木)、尾道の居酒屋「壱六拾」にて、今年最後の…
俳句であそぼ☆575「じゃこむすびの会」の第5回目が、無事開催終了致しました。
今回は、雪の影響に年末ということもあって、なかなかメンバー集まらず・・・
しかして、そんな中…初参加にして、雪の渋滞にもめげず参加くださった典子さん、
他、ご尽力くださった皆様には本当に感謝です。
出席者4名(壱六拾大将含む)+欠席投句者2名の、計30句による選となりました。
そしてまた今回も、皆さんに最終選んで頂きましたお気に入りの5句を、
それぞれに予め順位付(1番5点・2番4点・3番3点・4番2点・5番1点)して頂き、
それを完全点数換算させて頂きまして、『本日の人気句』の結果を導きました。
但し、今回は参加者の他に…壱六拾でバイト中の満子さん並びに、
たまたま居合わせたお客様にも、選に加わって頂きました(笑)
(※主宰がいる場合は、参加者の互選の後、主宰よりその日の特選・入選句の発表有)

それでは、まずは第5回じゃこむすびの会の上位得点句をご紹介致します☆☆☆

金賞(13点) 三合で湯気の向こうの君おぼろ ケルト

銀賞(11点) 沢庵と熱い緑茶と白ごはん えや

銅賞(8点) 雪景色落ち穂捜しの鳩雀 壱六拾

今回特選に選ばれたのは、欠席投句ということで句だけご参加くださったケルトさんでしたので、
お皿は、陶芸家の惠谷さん直々に代筆頂きました♪

20141218_205745.jpg

続きまして、出席者の皆さんが各自特選(一番)句に選んだ句をご紹介していきます☆☆

えや 選 本当に三合のせいないのか…君がおぼろに見えたのは?笑
三合で湯気の向こうの君おぼろ  ケルト
三合での「で」は、できるだけ避け、「に」の方がまだ…。

典子 選
我がお風呂柚子の香りで華が咲く 壱六拾
この句も、香りでの「で」は、「に」の方が…。

お客様 選 
沢庵と熱い緑茶と白ごはん えや

満子 選 
雪景色落ち穂捜しの鳩雀 壱六拾
「雪景色」「落ち穂」二つ季語があります。
落ち穂は、秋の稲刈り後に落ちている稲のこと。秋に雪?
雪景色に、落ち穂を捜しているのかな…と感じた作者の意図を現す為に、
捜し「の」を捜し「か」と、軽く疑問系にしてみるのはどうでしょう…。

壱六拾 選 
友もなく晩生の蝗足も萎へ ケルト
萎へは萎「え」…ですね。

依子 目に浮かぶようです…笑
年の瀬に出産俳句で大わらわ 尾句良
「で」はいっそ「や」に変えてはどうかな…。
または、年の瀬に俳句に出産大わらわ、と。

次に、今回の参加者の一句をご紹介します☆

予約書くあと1枚のカレンダー えや
急ぐのにフロントガラス凍りつく 典子
冬晴れに朱き実ひとつひかりをり ケルト
厳冬に命の誕生待ちわびて 尾句良
命のの「の」は無い方がスッキリするのでは…。
クリスマスなのに「リング」は未だ手元 壱六拾
凍月に胸の疼きの甦り 依子

そして、今回壱六拾さんには、本当はお鍋を…と言って頂いていたのですが、
お鍋を囲む程も人数が集まらず…そんな中急遽1人1人に!!!立派な煮魚をご用意頂き、
毎度ながら愛のあるお心遣いにはほんまに感謝です。

20141218_185336.jpg

俳句は、実際に作ってみないと何も言えません。
最近は、話し言葉をそのまま俳句にする口語俳句もありますし…
文語だからこそ、決まる世界もありますし…
正解は、一句一句によって違うというところでしょうか?
是非、まずは気軽にご参加下さい♪♪♪
                            
第6回のじゃこむすびの会の開催は、2015年2月19日(木)です。
初心者大歓迎の会ですので、お気軽にお誘い合わせの上どうぞ♪
これを機会に、尾道への小旅行もお待ちしておりまっす♪(笑)

posted by Senju at 00:18| Comment(2) | ◆気ままに十七音