2010年07月21日

イランイラン

iraniran.jpg  心を開いて
インドネシアには、新婚カップルが夜を過ごすベッドに、
この【イランイラン】の花びらをまきちらす美しい習慣があるそうです。
その名には『花の中の花』という意味があります。

夜にいっそう強く香りを放つこの花の精油には、神経系をリラックス】させ、
【気分を高揚】させ、官能的】にさせる働きがあります。
また、周囲の人や環境に対して、【心を開かせ】
怒りや憤り恐怖、過去へのこだわり等による強い【感情をときほぐし】、
人生は幸福に満ち足りていることを認識させてくれます。

よって、ストレスによる。。。
過呼吸や高い血圧を下げること、生殖器系に結びついた障害に、
その価値を発揮します。
但し、大変【濃厚な香り】ですので、使用する際の濃度には注意が必要!
広島ブログ

posted by Senju at 16:03| ◆香りのご紹介

2010年04月22日

ローズマリー

rosmarinus.jpg 今日は、これからの始まりの日
昔から木の芽時と呼ばれる春は、植物は花を咲かせ、虫は動き出し、
動物は生殖機能が旺盛になり、人もまた体の奥にしまっていたエネルギーを
身体中に行き渡らせる。。。血の騒ぐ季節とも言われ、
東洋医学の世界でも「春は病、肝にあり、頭にあり」と言われているようです。

今回ご紹介する【ローズマリー】は、まさにそうした。。。
【肝機能の強壮】や、【脳細胞を活性化】させる効果があり、
けだるい無気力な朝や、精神的に疲労困憊した時に、
心を元気づけ、強化させる働きがとても強いといわれています。
【記憶力の増進】にも有効とされています。

また、ローズマリーはその消毒作用から、
伝染病が流行っている間、病棟でたかれたり、
その昔は、悪霊祓いにも用いられたりしていたようです。

その他、このハーブの【若返り効果】は、
ハンガリーの王妃エリザベートが、高齢になってから、
これをフェイスウォッシュ剤(ハンガリアンウォーター)として使用し、
若々しい外観をとりもどし、隣国の年若き王子にプロポーズされたという
逸話も残っている程です。
このハーブは、お料理でお肉の保存などにも使われるので、
伝えられるこの奇跡も、まるきり根も葉もないことではないかもしれませんね。

日々に対する【ポジティブな気持ち】を導いてくれる、
それがローズマリーです。
広島ブログ
posted by Senju at 23:33| ◆香りのご紹介

2010年03月05日

クラリセージ

669024_o2.jpg キリストの眼
今回ご紹介する【クラリセージ】
その名前は、「明るい」あるいは「清浄な」を意味するラテン語の「クラルス」
から由来しています。
中世のころには、このハーブは「オクルスクリスティ」、
すなわち『キリストの眼』と云われました。
このハーブがむかし、眼を清浄にする粘液をだす点が利用されたためでしょう。

精神的にも肉体的にも【底知れぬパワー】を与えてくれる精油です。
まず気持ちを鎮め、リラックスさせた上で前向きな気持ちを目覚めさせてくれます。
しかし、パワフルであればあるほど、人知れずうつむきたくなることもありますね。
そんな時に、自分を信じ、歩むべき道をハッキリと見えるように!
させてくれる香りでもあります。

また、この精油は男性女性問わず性的な各種の障害にも有効です。
そうした障害の根底にあるストレスをコントロールするためです。
特に、女性にとっては【子宮】の色々な障害に役立ちます。
ホルモンのバランスを調整する作用がありますので、
月経周期を正常化し、月経前緊張症を和らげてくれます。
また妊婦さんにとっては、分娩を促進し、産婦をリラックスさせ、
産後のうつ症状を緩和させてくれます。
それ以外にも、緊張からくる【偏頭痛】にも有効です。

ただ、非常に鎮静力も強いため。。。
車を運転するなど、集中力を要する時は、用いないようにして下さいね。
広島ブログ
posted by Senju at 12:11| ◆香りのご紹介

2010年01月08日

サイプレス

cb69883303046824.jpg いつも生きている
学名には「いつも生きている」という意味があり。。。
それは、今回ご紹介する【サイプレス】の木の葉が、
年間を通じ、常に変わらぬ緑色をしていることを指しています。
日本人には馴染みのあるあのヒノキと同じ仲間です。

サイプレスには、旧約聖書に出てくる・・・
ノアの箱舟の底材に使われているという話や、
キリストの十字架がこの木で作られたという伝説があり、
古くから死後の生の象徴とされています。
かのゴッホの代表作のひとつ『糸杉と星の道』にも描かれています。

ウッディーで爽やかさのあるこの香りは、
お喋りが過ぎる人、イライラしがちな人に最も役立ってくれます。
【怒りを和らげる】効果があるようです。
また、様々な【体液の過剰】に対してバランスをよくしてくれます。
それは、むくみ・足の発汗過多・重い月経…etc

かのキリストは、人々を癒すことに疲れた時、
この樹に凭れ、自分自身を癒したというお話も・・・
考えがまとまらず、目標が定まらない時、
ひとつ方向に導く【霊的直感】を与えてくれるとも云われています。
広島ブログ
posted by Senju at 09:56| ◆香りのご紹介

2009年07月11日

ラベンダー

708a731fede2f06c.jpg 清浄な心
テレビのない暮らしをしている私ですが、携帯電話に流れ来るニュースを見ても、
世の中、穢れ多き卑劣なニュースが多くなったものです。

今回ご紹介する【ラベンダー】・・・
語源のラテン語「lavare」には、【洗う】という意味があり、
その名の通り、【精神を浄化】する働きがあります。

こんなにつっぱってしまうのはどうしてなんだろう・・

自分でもわからなくなってしまった時、頭を冷やしイライラした【気分を鎮め】
本来の【冷静な判断力を、とり戻してくれる精油です。
どうも気分が落ちつかず、なかなか寝つけないないなぁという時も、
さまよっていた【心が鎮められ】、安らかな眠りへと誘われます。

また、中枢神経の【バランス】をとり、
心臓を鎮静させる作用があることから、血圧や心拍を落ち着かせます。
よって、不眠症への効果があることはもちろんのこと、
呼吸器系にも有効ですので、バスタイムなどにご利用頂くと、
胸をスーッと【息が通り】、深いリラックスに導かれるとともに、
今日一日の穢れが祓われ、清らかな気持ちがよみがえってくることでしょう。
広島ブログ
posted by Senju at 05:07| ◆香りのご紹介

2009年06月04日

ローズ(バラ)

e0164262_17141383.jpg 深くて甘い魔法
今回ご紹介するのは、女性に大人気の【ローズ】です♪
福山の【ばら祭】にも、一度は行ってみたいと思いつつ・・・。
大阪にいる頃は、 【中ノ島公園のバラ園】で、ひとりよく句作をしたものです。

バラは長い間、愛と清純さとの象徴でした。
優雅な香りは、気持ちを華やかにし、豊潤な満足感を与えてくれます。
その満ち足りた気分が、自分自身に対する【自信】となって、
前向きな行動力を生み出し、また周囲を慈しむ余裕を持たせてくれます。

この精油は、男女共に性的な障害をとくに好転させる働きがあります。
それは、こうした症状の根底にある緊張とストレスを、
脳内に、「幸福ホルモン」であるドーパミンを放出させることによって、
緩和させるからです。
なのでまた、女性特有の月経前緊張症や更年期障害などにも、
もちろんその効力が注目されています。
広島ブログ
posted by Senju at 14:20| ◆香りのご紹介

2009年05月21日

ティートリー

teetree_image_1.jpg 原住民の知恵
世間では、もっぱら【新型インフルエンザ】の話題がもちきりですね。
うがい・手洗いはもちろんのこと、自分自身の【免疫UP】に欠かせないのが、
今回ご紹介する【ティートリー】です。

オーストラリア大陸を移動しながら平和に暮らしていた原住民たちの間で、
古くから利用されてきました。
当時まだ、その他の地域では役立たずの木として考えられていたこの木。
彼らは、この木の葉を利用して感染症をおこした創傷を治していたのです。
18世紀にこの地を訪れたクック船長たちが、お茶の代用としたことから、
この名がついたそうです。
その後、ヨーロッパに導入されたティートリーは、
そのめざましい殺菌消毒特性により、たちまち注目を集めました。

この精油は、白血球を活性化し、免疫力を高め・・・
体内に侵入しようとする病源菌に対して、【防衛線】をつくる働きがあります。
また強いショックを受けたときに、心をリフレッシュさせ蘇らせる力があります。
広島ブログ

posted by Senju at 10:52| ◆香りのご紹介

2009年05月03日

ネロリ(オレンジの花)

brand_prima_kosmetik_em_img01.jpg 幸福な夢
新しいページ【香りのご紹介】では・・・
エッセンシャルオイルのご紹介や香りにまつわるエピソードなどを、
皆さんにお届けできたらと思います♪
まずは、この時期の瀬戸内の島々で最も馴染みの深い香り、
蜜柑の花【ネロリ】をご紹介します。

イタリアのネロラ公国の公妃がこの花をこよなく愛したことから、
この名がついたと言われています。
オレンジの花は長い間、純潔を象徴するとともに、愛を確保するために、
結婚式の頭飾りに使用されてきました。
また、オーデコロンの成分の1つとしてもよく使われています。
 
気持ちを明るくする効果があり、自分自身に目を向けさせてくれます。
自分を思いっきり甘やかしてあげる、時にはそんな日があってもいいのでは?
自分にプレゼントをしたり、鏡に向かって、キレイねってつぶやいてあげたり・・。
そんな日のバスタイムには、ぜいたくにこのネロリの精油を数滴・・・。
ほんのり身体に残る香りが、幸福な眠りをも誘ってくれます。
【肌の若返り】効果もあり、モデルさん達の間でも、
スキンケアに利用することが流行っているようです。肌は心を映す鏡。
【内面を充実】させる力も働いているのでしょうね。
広島ブログ

posted by Senju at 13:42| ◆香りのご紹介